山田優、辻希美、スザンヌ…“炎上子育て”なぜ起きる? 母親幻想の危険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
enjouikuji_150123.jpg
ピンクの髪にしただけで非難殺到(画像は山田優 Instagramより)


「こんなお母さんヤダ」「これで母親だなんて、どうかしてる」「母親失格だろ」

 ネット上に吹き荒れる辛辣な声の嵐──。昨年9月に小栗旬とのあいだに第一子をもうけた女優・山田優の子育てが、いま、炎上を繰り返している。

 まず、昨年12月に山田が生後2か月の娘を連れて自身の母親とともに居酒屋で食事したことが「女性セブン」(小学館)で報じられると、「赤ちゃんがかわいそう」「居酒屋はありえない」と非難が殺到。1月21日にも山田がピンク色にカラーリングしたヘアスタイルをInstagramにアップすると、冒頭に紹介したような意見が次々に寄せられた。

 だが、このようにバッシングを受けているのは山田だけではない。とくに有名なのは元モーニング娘。辻希美で、「1歳児に食パン与えるとかありえない」「子連れでグリーン車乗車なんていい迷惑」「メニューにウインナーが多すぎる」とその一挙手一投足が話題に。先日離婚秒読みと報じられたばかりのスザンヌも、生後2か月の息子とディズニーランドに行ったことなどが批判を受けている。まさに“炎上子育て”というジャンルが確立されつつあるといってもいい。

 芸能人であるがゆえ注目を集めてしまうのは仕方がないにしても、気になるのは「母親として間違っている」「子育てがなってない」という過剰なダメ出しだ。そして、裏を返せば、「母親はこうあるべき」という強迫が社会に蔓延していることを象徴しているようにも思われる。

 実際、子育てブログや書店に並ぶ子育て本を読んでみると、「自分はダメな母親なのでは?」と悩んでいる人がいかに多いかがよくわかる。たとえば、『産後、つらくなったら読む本』(やまがたてるえ/合同出版)には、がんばりやすぎて誰も頼れず電池が切れそうになっている女性や、良妻賢母だった母親のように家事・育児をこなせず精神的に不安定な状態に陥る女性など、「自分が悪い」と責める母親のケースが紹介されている。こうした悩みは、「母親はかくあるべき」という理想と、「子どもは母親の愛情がもっとも重要」という広く世間に浸透している理論から生まれているのだろう。

 だが、この自明化している「子どもは母親の愛情がもっとも重要」という理論は、決して古くからあるわけでもなければ、すでに覆されている考え方だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

産後、つらくなったら読む本: ママの心と体が楽になる安心産後ケア

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

山田優、辻希美、スザンヌ…“炎上子育て”なぜ起きる? 母親幻想の危険のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スザンヌ写真家族小栗旬山田優田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画