みのもんたは護憲派だった! “お友達”安倍首相の改憲の動きを真っ向批判!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
minomonta_01_150115.jpg
『みのもんた十八番勝負 おもいッきり対談集』(日本テレビ放送網)

 先日、本サイトではみのもんたが自著『敗者の報道』(TAC出版刊)を出版し、その中で次男の窃盗未遂事件について“不当逮捕”を主張していることを報じた

 だが、この『敗者の報道』にはもうひとつ、みのが熱く主張していることがある。それは、平和憲法への思いだ。みのはこう語っている。

「素晴らしい条文ではありませんか。
 この第9条を含む日本国憲法を他国からのお仕着せであり、真の自主憲法ではないかとする政治家の意見もあります。おかしな話です。事実、日本という国はこの第9条のおかげでこれまで数々の紛争に巻き込まれる事なく無事にこれたはず。
 お仕着せ? けっこうじゃありませんか。いったいそれのどこに不都合があるのです? 集団的自衛権? あらたな憲法解釈? ナンセンス! もっと言えば特定秘密保護法など、まるで戦前への先祖返り以外のなにものでもないでしょう(略)。
 僕たちが見つめているかぎり、政治の暴走はかならず食い止められます。二度と戦争をしない! 二度と国家の暴走を許さない! 信じましょう、自分たちの力を」

 みのの口からこんな真っ当な護憲論が飛び出すとは……。しかも、集団的自衛権に特定秘密保護法と、安倍政権の戦争政策にも真っ向から異を唱えているのだ。いや、たんなる権力志向の強いオッサンかと思っていたが、なかなかいいところあるじゃないか、見直した!と感心しながら読んでいたのだが、次の瞬間、こんな事実を思い出した。

 あれ? みのって、安倍首相とかなり親しくて、第一次政権の時は頻繁に安倍首相と会食していたんじゃなかったっけ? 『朝ズバッ!』(TBS系)でもいつも擁護的だったし、安倍首相が辞任した当日、みのに直接電話をかけ、号泣したという報道もあったぞ……。

 それがなぜ、ここにきて、安倍批判・日本国憲法擁護なのか。テレビ関係者の間ではこんな見立てが広がっている。

「次男の逮捕以降、あれだけ親しかった安倍首相から冷たくされ、逆ギレ。反安倍に回ったんじゃないかといわれていますね」

 しかし、これはちょっとうがちすぎだろう。実はみのは次男の逮捕以前から、憲法改正や集団的自衛権については一貫して反対の立場を表明している。たとえば、『みのもんたのサンデーずばッと』(TBS系)では、集団的自衛権を「アメリカへの武力攻撃に対し、日本が直接攻撃されていないのに、実力をもって阻止する権利」と説明し、集団的自衛権はアメリカの戦争に加担することだと主張した。第一次政権のときも、安倍には擁護的だったが、一方で、憲法については「9条は素晴らしい」「戦争はいやだ」「自衛隊を軍隊にしてほしくない」とコメントしていた。

 意外だが、調べてみると、どうも、みのはもともと護憲派らしいのだ。実際、著書『敗者の報道』でも、自分の平和への思いのルーツを語っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

敗者の報道

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

みのもんたは護憲派だった! “お友達”安倍首相の改憲の動きを真っ向批判!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。みのもんたアナウンサー伊勢崎馨安倍晋三憲法の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
11 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
12 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13 原発広告に文化人や芸能人が
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画