バーニングも顔負け!? 矢口真里を追いつめたナベプロの情報操作全手口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yaguchimari_01_141024.jpg
矢口真里ファーストエッセイ集『おいら』(ワニブックス)

 不倫報道で芸能活動を無期限休止していた元モーニング娘。の矢口真里が、昨日『ミヤネ屋』(読売テレビ)の生放送に出演、1年5か月ぶりとなる復帰を果たした。番組では「需要がなければ(芸能界は)辞めるつもり」と語った矢口だが、放送終了後には会見も開き、再スタートの第一歩となる“禊ぎ”を果たした格好だ。

 しかし、ネット上ではこの矢口復帰劇に対して、バーニングプロダクションの仕切りだとする説が流れている。「バーニングがバックについてスキャンダルをなかったことにしようとしている」「世間は矢口をまだ許していないのに、バーニングの力で復帰させるなんて芸能界は汚れている」…。

 たしかに、矢口の所属事務所であるアップフロントは、モー娘。がブレイクしていたころからバーニングにマスコミ対策を委託し、バーニング傘下のプロダクションオーロラのスタッフが出向している。しかも、今回の復帰劇もバーニングが仕掛けたものだ。復帰の場を『ミヤネ屋』に選んだのも、宮根誠司がバーニング系列の芸能プロ・テイクオフに所属しているからだろう。

 だが、矢口の不倫騒動に限っては、バーニングより、もっと問題にすべき大手プロダクションの行為がある。それは、矢口の前夫・中村昌也の所属事務所であるワタナベエンターテインメント(以下、ナベプロ)の情報操作だ。

 もともと矢口が活動休止に追い込まれたのは、昨年6月、「週刊女性」(主婦と生活社)が掲載した「激震スクープ!矢口真里 夫が目にした衝撃 『2月23日 不倫現場』自宅寝室に知らない男が!」という記事が発端だった。ご存じの通り、夫・中村が帰宅すると、矢口と不倫相手・梅田賢三の2人と鉢合わせしてしまったという内容だが、じつはこの記事の作成にあたっては、ナベプロの幹部が深く関与していたという。

「それも『週女』に情報をリークしたというだけでなく、ワタナベエンターテインメントの取締役であるO氏が直々に『週女』の会議に参加していたといわれるほど記事に関わっています。O氏はAKB48の柏木由紀も担当しており、ささいな記事でも気にくわないことがあるとメディアに抗議を行うことでも有名です」(芸能記者)

 たしかにこの記事は寝室で鉢合わせになった“当事者”でなければ知り得ない話で構成されている。まさか矢口サイドが話すわけもなく、明らかに中村=ナベプロから流れたとしか考えられない。

 当初、この「寝室での鉢合わせ」という情報の流出元は、矢口の友人・小森純だとされてきた。だが、これも「ナベプロ側が用意したフェイク」(前出・芸能記者)だったという。ちょうど小森はペニーオークション詐欺事件で窮地に立たされており、そこに便乗して小森の名を利用したというのだ。矢口は『ミヤネ屋』でも、この1年半を振り返って「友だちまで悪く言われて、それでもう我慢できなくて」と語っていたが、これは小森のことを指していたのだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

昭和のスター王国を築いた男 渡辺晋物語

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

バーニングも顔負け!? 矢口真里を追いつめたナベプロの情報操作全手口のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ハロープロジェクト不倫田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画