>  >  > たかじんが政界に急接近した理由

たかじんのもうひとつの謎!反骨の芸人がなぜ安倍首相に擦り寄ったのか

【この記事のキーワード】, , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takajin2_01_140920.jpg
『たかじんnoばぁ〜DVD-BOX THEガォー!LEGEND II』(東宝)

 先日、本サイトで『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』(角岡伸彦/小学館)を紹介し、たかじんの小心な一面とコンプレックス、そして彼が「在日」というルーツをひた隠しにしていたこと取り上げた。だが、たかじんについては、どうしてももうひとつ触れておかなければならないことがある。それは安倍晋三総理をはじめとする政治家との関係だ。

 既に報道されているように、安倍首相は今年3月3日に行われた「たかじんを忍ぶ会」の筆頭発起人をつとめるなど、生前からたかじんと親しい関係にあった。安倍首相は『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ)に計10回も出演し、自民党総裁選への再出馬の際もたかじんの励ましがあったことを認めている。

 かつては、反骨の人というイメージの強かったたかじんがどうして、最高権力者である政治家とここまでべったりになってしまったのか。

 本書でもまた、たかじんと安倍の関係について言及している。2人の出会いは04年『委員会』の特番で当時、自民党幹事長だった安倍を訪ねたことだった。11年には、野党に転落して失意の安倍を訪ね、地元山口県の俵山温泉で、男2人仲良く温泉につかりながら親しげに政治談義を繰り広げた。たかじんの死後も、この温泉談義シーンは繰り返し放送されているが、この特番は明らかに当時、政治生命の危機にあった安倍の再生、イメージアップのために仕掛けたものだった。

「『委員会』では、日本共産党を含め、あらゆる政党関係者が出演している。しかし安倍を特番で登場させ、持論に同調し、ありがたがるたかじんと制作者側には、疑問を感じずにはいられなかった」
「政治家との仲良しぶりを見せるたかじんには、反骨精神のかけらもなかった」

 現大阪市長・橋下徹との関係も同様だ。たかじんは政治的野心を持ち始めた橋下を全面的にバックアップし、そして当選させた張本人でもあった。橋下はかつて『委員会』の常連コメンテーターだったが、08年の大阪府知事選に出馬し、圧倒的な強さで当選している。この時、橋下はたかじんの番組のおかげで当選したようなもの、とたかじんに対する謝辞さえ送っている。本書がいうように「たかじんはこのとき、いわば関西政界のフィクサー的な役割を果たしていた」。 

 しかし、たかじんはもともと政治家嫌いだったという。西川きよしが参議院選挙でトップ当選した際も、「そもそも庶民の“笑い”とは、ある意味権力と対峙したところにあるのではないだろうか?」と批判していたほどだ。だが、たかじんは明らかに変節していった。「庶民の代弁者は、いつの間にか権力者のそれに代わっていた」のである。

 たかじんの政治への接近に『たかじんのそこまで言って委員会』が大きな役割を果たしたことはたしかだ。本書も「『委員会』以降、たかじんは番組を通して、好むと好まざるとにかかわらず、政治に関与するようになった」と書いている。そして、保守派、右派的な主張を強めていく、

 たかじんは09年10月号の「クイックジャパン」(太田出版)でこんなことを語っていたという。

「僕自身は右寄りとは意識していないですよ。ただ気がつくとね、正論が右に寄っとんねん」

 “権力者”に喜んで摩り寄り、彼らの主張に同調するようなナショナリスティックな発言を繰り返すようになったたかじん。こうしたたかじんの“変節”の理由はつまびらかにはされていないが、しかし、これもたかじんの強烈なコンプレックスのひとつの現れだったのかもしれない。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ゆめいらんかね やしきたかじん伝

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
2 竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
3 能年玲奈は独立できるか?飼い殺しも
4 舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
5 明石家さんまが東京五輪開催を批判!
6 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
7 アイドル刺傷事件で警察の対応に責任
8 小保方氏の反論手記は真実なのか!
9 キムタク最大のタブーとは?
10 上原亜衣は? AV女優の引退後
11 能年、広末が出演拒否の過激映画
12 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
13 創価学会で反安倍、反執行部クーデター
14 沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
15 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
16 しのぶとさんまが戦争政策を真っ向批判
17 『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
18 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
19 大森靖子「小6のときレイプされて」
20 熊本在住の漫画家が川内原発に怒り!
PR
PR
1東京五輪招致裏金に電通が関与と英紙
2明石家さんまが東京五輪開催を批判!
3沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
4高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
5読売新聞がパナマ文書の企業を匿名に!
6ユニクロ柳井、ドンキ安田も税逃れ!
7『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
8東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
9安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
10大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
11創価学会で反安倍、反執行部クーデター
12高樹沙耶の大麻解禁公約は間違ってない
13木村太郎のパナマ文書企業擁護がヒドい
14沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
15次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
16山本太郎「日本会議に負けるな」
17舛添問題で石原良純が挙動不審に!
18安倍の母が過保護発言、昭恵夫人に嫌味
19日本が加害者の戦争映画は作れない?
20小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」