都道府県別、出身者が食いつくネタを仕込めば、仕事相手と距離が縮まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
todouhuken_140821.jpg
『気遣い、謝罪、クレーム対応「大人の作法」入門』(プレジデント社)

「夏休みはどちらに行かれてたんですか?」「ちょっと実家にね」「そうですか。実家はどちらですか」

 お盆明け、取引先や顧客に会うと、こういう会話から始まることが多いのではないだろうか。でも、せっかく実家のある場所を聞いてもだいたいは「ああ、いいところですね」「いやいやただの田舎でね」くらいのやりとりで終わってしまう。

 これはちょっともったいない。というのも、この実家・出身地話というのは会話を膨らませることができる格好のネタだからだ。自分の出身地に興味を持ってくれる相手に、嫌な気持ちになる人はほとんどいない。出身地のことで会話が盛り上がれば、好印象を植え付けることもできるし、距離感が縮まって、そこから、一気にビジネスチャンスにつながることも十分ある。

 でも、どうすれば、出身地ネタを盛り上げ、会話を膨らませことができるのだろう。ひとつは、相手が自分の地元について解説したくなるような質問をすることだ。ただ、平凡な質問だと盛り上がらない。たとえば、相手の出身地が青森だったからといって「青森って、やっぱりりんご、おいしいんですよね」と話をふっても、相手は「こんな質問、これまで何百回されたかな~」とうんざりするのが関の山だろう。
 
 できれば、相手が「え、それ知ってるの?」「そうそう。うちの地元、そうなんですよ」と思わず身を乗り出してくるような、ネタをふりたい。そのために役に立ちそうな資料が『気遣い、謝罪、クレーム対応「大人の作法」入門』(プレジデント社)という本に載っていた。

 題して、「47都道府県 県民にとっては当たり前!? マニアックネタ一覧」というもので、「県民が盛り上がる、鉄板ネタ」が、都道府県別に一覧表になっているのだ。

 たとえば、先述していた青森県の項目を見ると、「りんごの種類当てクイズができる」とある。どうも、青森県民は見ただけでりんごの種類を当てることができるらしい。そこで、これを使って「青森の人はりんごを見ただけで、種類が当てられるんでしょう?」とふってみる。すると、相手は「そうそう。ききりんご大会とかもあるんですけど、結構難しくてね」と会話に乗ってきてくれるかもしれない。

 あるいは、山形県の項目には「芋煮の具と味をめぐり、県内でも抗争」とある。調べてみると、内陸の村山地方は、牛肉、里芋、こんにゃく、ねぎなどを入れて醤油で味付けするのに対し、日本海側に位置する庄内地域では、豚肉、里芋、厚揚げ、こんにゃく、しいたけなどを入れ、酒粕と味噌で味付けするなど、まったくちがうらしい。そこで「そういえば、山形名物の芋煮って、地域によってちがうんでしょ。◯◯さんの実家はどっち派?」とふってみる。きっと、「うちは内陸なんですけど、やっぱり芋煮は牛肉ですよ!」とか熱く語ってくれるはずだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

気遣い、謝罪、クレーム対応「大人の作法」入門 (マンガPRESIDENT)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連キーワード

都道府県別、出身者が食いつくネタを仕込めば、仕事相手と距離が縮まるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ご当地ネタ島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
3 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
4 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
8 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
9 高プロ法案の強行採決を許すな!
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
14安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?