元“渋谷系”シングルファーザーの「お弁当本」が泣ける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bentou_01_140820.jpg
『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス)

 今年4月に発売されたある一冊の“お弁当本”が、いま、ひそかに売れ続けている。その中身は、人気のキャラ弁本でも、時短テクニックのレシピ本でもない。しかも、amazonのレビューに寄せられているのは「料理本を読んで泣いたのは、生まれて初めてです」「料理の参考というよりは、人生の参考になるような本でした」と、感動の声ばかり……。

 この本のタイトルは、『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(渡辺俊美/マガジンハウス)。題名にある通り、父親が息子のためにお弁当をつくり続けた記録である。しかし、著者名を見て「え、まさか!?」と思った人もいるだろう。そう、90年代に起こった“渋谷系”ブームを牽引したヒップホップグループ「TOKYO No.1 SOUL SET」のメンバーで、2011年には「猪苗代湖ズ」として紅白歌合戦にも出場したミュージシャン・渡辺俊美による“弁当本”なのだ。

 知っている人も多いだろうが、俊美といえば1994年にタレントのちはると結婚し、その後、ふたりの間には長男が誕生。だが2010年に離婚し(ちはるは12年に14歳年下の男性と再婚)、親権は俊美がもつことに。本書によれば、そんなふたりの離婚直後に息子は高校受験に失敗。「いつも飄々としていた」という息子だが、「思えば多感な15歳」。俊美は「きっと複雑な思いをさせたせいもあったと思うんです」と父親として振り返っている。

 受験の失敗から半年後。ミュージシャンとしてだけではなく、洋服屋を経営するなど、「これまで自由に生きてきた」俊美にとっては、「なにも学校がすべてではない」「興味のあることを、ひたすらやってくれていい」と考えていた。だが、息子の答えは「学校へ行きたい」。その言葉に、俊美は「僕もできる限りサポートして、一生懸命応援する」と決意。そして翌年の春、息子は見事に高校に合格するのだが、ここで俊美は息子にある質問をした。

「お金を渡すから自分で好きなものを買うか。それともパパがお弁当を作るか。どっちがいいの?」。息子の返事は、「パパのお弁当がいい」。理由は「コンビニの弁当より、パパが作った方がおいしいから」──これには「笑みがこぼれるほど嬉しかった」という俊美。ここに、息子は「一度決めたからには必ず3年間、休まず通って卒業する」、父は「3年間、毎日お弁当を作る!」という“男と男の約束”が生まれたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

461個の弁当は、親父と息子の男の約束。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

元“渋谷系”シングルファーザーの「お弁当本」が泣ける!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。子ども家族田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
15 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
16 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 財務次官セクハラが海外メディアでも
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした