出版ラッシュ!関東連合本の“紙上バトルロワイヤル”を読み解く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kantourengou_01_140727.jpg
『破戒の連鎖 いびつな絆が生まれた時代』(宝島社)

 また二冊、新たに“関東連合本”が出版された。一冊は、六本木クラブ襲撃事件に関与したとされる石元太一被告が塀の内側から上梓した『反証 六本木クラブ襲撃事件「逮捕からの700日」』(双葉社)。そして、もう一冊は、“関東連合本”ブームの火付け役である元幹部・工藤明男(筆名)の2作目『破戒の連鎖 いびつな絆が生まれた時代』(宝島社)だ。

 関東連合と言えば、“半グレ”とも呼ばれる代表的なアウトロー集団。12年には六本木のクラブで、“人違い”により一般男性を襲い、金属バットなどで撲殺するという事件を起こして、世間を騒然とさせた。

 この六本木クラブ襲撃事件で現在までに少なくとも18名が逮捕されたが、関東連合のトップで事件の主犯とされる見立真一容疑者はいまだに検挙されていない。警察は見立容疑者が海外に逃亡していると見ており、国際指名手配にかけて行方を追っている。

 13年7月に出版された工藤明男の第一作『いびつな絆 関東連合の真実』(宝島社)は、謎の多いその内幕を暴露するものであった。工藤は六本木クラブ襲撃事件で最初に出頭して起訴された被告2名を擁護し、事件は見立容疑者とその恐怖支配が招いた結果だと書いた。また、見立容疑者が関係者らへ圧力をかけ、裁判での証言などに影響を与えていることも示唆していた。

 この『いびつな絆』は累計17万部の大ヒットとなり、これを皮切りに“関東連合本”がつぎつぎと出版され始める。

 なかでも、注目を集めたのが、今年4月に出版された「アウトローのカリスマ」・瓜田純士の『遺書 関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆』(太田出版)だった。瓜田は関東連合に所属していないが、見立容疑者らとは“地元の先輩・後輩”という間柄。また、関東連合が激しく抗争していたK村兄弟とは深い仲にあった。弟は六本木クラブ襲撃事件で本来標的とされていた人物であり、兄のほうは瓜田の親友である。瓜田は本書で、自分と彼らの過去を明かすことにより、両者の“すれ違い”を解消しようする。

 杉並区の不良少年たちのリーダー格だった瓜田が、暴走族・関東連合に加入することを断ったのは、他ならぬ工藤明男によるヤキ(粛清)がきっかけだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

破戒の連鎖 ~いびつな絆が生まれた時代

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

出版ラッシュ!関東連合本の“紙上バトルロワイヤル”を読み解くのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界関東連合の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画