スプーンをくわえたまま練習も! メッシの“王様コドモ”ぶり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
messipep_01_140711.jpg
『知られざるペップ・グアルディオラ サッカーを進化させた若き名将の肖像』(グイレム・バラゲ著)

 ブラジルW杯の決勝は「アルゼンチン対ドイツ」の対決となった。ネイマールもC・ロナウドもいなくなった今、注目が集まるのは当然、アルゼンチン代表のエース、リオネル・メッシだろう。サッカー史上最高といわれるプレイヤーがはじめてのW杯決勝でどんなプレイを見せるのか。

 しかし、メッシについては、そのプレイのすごさの一方で、人物像についてはほとんど語られていない。というのも、メッシはメディアのインタビューに応じることもごくまれだし、たまに応じてもあたりさわりのない優等生的な発言をするだけだからだ。一般的には「シャイで謙虚な天才プレイヤー」というくらいの印象しかないのではないだろうか。

 しかし、そのメッシの意外な素顔を伝えている本がある。メッシが所属するバルセロナの監督をつとめていたペップ・グアルディオラの伝記『知られざるペップ・グアルディオラ サッカーを進化させた若き名将の肖像』(グイレム・バラゲ著)だ。欧州で活躍するフットボール・ジャーナリストが、グアルディオラ本人から直接話を聞いたと思われる濃密なエピソードを克明につづった一冊だが、その中でメッシの性格はこんなふうに表現されている。

「あどけない子供のような外見の内側には、肉食獣のような強烈な人格が潜んでいる。言葉を変えれば、大きな野望を抱え、記録を次々と塗り替えていくサッカー選手の中に、一人の子供が隠れていると言っても良い」

 この「コドモ」のような性格の例としてあげられているのは、メッシが試合をはずされていたときのエピソードだ。メッシはとにかくサッカーにしか興味がなく、いつもサッカーをしていないと気がすまない。だから、どんなに疲れていても試合に出たがり、監督が疲れを考慮して試合からはずすと、とたんに不機嫌になって、監督と何日も口を利こうとしないのだという。

 そして、ある試合でスタメンから外された翌日のこと。メッシはなんと、「口にティースプーンを入れたまま練習場に現れ、トレーニングの中のほとんどの時間、スプーンをくわえていた」のだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

知られざるペップ・グアルディオラ サッカーを進化させた若き名将の肖像

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

スプーンをくわえたまま練習も! メッシの“王様コドモ”ぶりのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サッカーワールドカップの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画