元祖・発言小町だった!? 100年前の読売新聞家庭面がおもしろい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yomiurikomachi_01_140709.jpg
『こうして女性は強くなった。 家庭面の100年』(中央公論新社)

「26歳の女性です。勤務先の上司からプロポーズされて結婚したものの、彼には田舎に妻子がいました」
「妻帯者の男です。知り合いに不幸な境遇の女性がいるのですが、幸い私は生活に余裕があるので、彼女を愛人として養いたいと思っています」
「18歳女子です。処女を奪われたため一生独身を覚悟しています。親からは縁談を勧められていますが断る方法を教えてください」

「発言小町」の釣りトピか?と思われた方もいるかもしれないが、これらの人生相談は「発言小町」や「Yahoo!知恵袋」などのネット掲示板に書き込まれたものではない。

 実はこれらの人生相談はすべて、大正時代に新聞に寄せられた悩み相談を今っぽい言い回しに筆者が書き換えたもの。『こうして女性は強くなった。 家庭面の100年』(読売新聞生活部・編/中央公論新社)によると、遡ることちょうど100年前、1914年(大正3年)に始まった読売新聞家庭面の「身の上相談」コーナーこそが、女性たちが自分の思いを社会に発表する最初の場になったのだという。現在の読売新聞が運営し、女性たちが日々論争を繰り広げる掲示板「発言小町」の、まさに直系の元祖だ。

「女は自分の意見を持ってはいけない」と考えられていた時代。読売新聞という大手のマスメディアを通じて、女性の関心事や女性を取り巻く事象が社会に発信されるのは、当時画期的なことだった。当事者にとっては切実、けれど無関係な人にとっては下世話な好奇心をそそられるトピックスの宝庫だった「身の上相談」が大人気だったというのも頷けるが、それ以外の記事も時代と世相がダイレクトに反映されていておもしろい。

 たとえば、昭和初期の人気連載「街頭をゆく女 批判レンズ」は今でいう「街角ファッションチェック」。日本人のファッションが和装から洋装へとシフトしていった過渡期ならではの一般人のちぐはぐファッションを、ドン小西ならぬメイ牛山を名乗る美容家(男性)がぶった斬っている。

 服装が変われば必然、メイクの方向性も変わってくる。それまでは、おしろい、眉墨、口紅をつけるくらいとシンプルだった日本女性の化粧法から、西洋人のような立体的な顔立ちを作るテクニックが強化される流れに。「明眸を誇張して欠点をゴマ化す」という大見出しと共にハリウッドで流行中の当時の最新テクが紹介されているのも新鮮だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

こうして女性は強くなった。 家庭面の100年

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

元祖・発言小町だった!? 100年前の読売新聞家庭面がおもしろい!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ読売新聞釣りの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画