ももクロもAKBもモー娘も! アイドル激太りはなぜ起こる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
idoldiet_140704.jpeg
画像はシングルCD「時空を超え 宇宙を超え/Password is 0」(モーニング娘。'14)ジャケットより

 芸能人とは“人から見られる”仕事だが、なかでも夢を売るアイドルは、ファンたちから過酷な監視にさらされる商売である。昔からアイドルといえばメイクを変えただけで「整形ではないか」と噂になったものだが、とりわけ近年、ネット上で頻繁に取り沙汰されるのが「○○が激太り」というトピックだ。

 たとえば、モーニング娘。の“ズッキ”こと鈴木香音は、「アイドル史上まれにみる太り過ぎで本当にヤバいと話題に」とまとめられたり、同じくハロプロのBerryz工房・菅谷梨沙子も「激太り→激やせ→リバウンド」の変遷が話題に。さらに、ももいろクローバーZでも“あーりん”こと佐々木彩夏や、“ももか”こと有安杏果が、AKB48では宮崎美穂や横山由依、島田晴香が、最近では乃木坂46の松村さゆりの変貌が注目を集めている。もはや1グループに最低1人は“激太り”でニュースになっている状態だ。

 彼女たちの“変化”は、テレビ番組でいじられることも多い。とんねるず・石橋貴明は宮崎美穂に「君なんか写真と違わない? ちょっと支配人呼んでくれよ」と言い、あーりんにも同じく「写真と違くない?」、ももかには「丸いね、顔ね」と指摘。なかでも島田晴香は番組中に体重計にのせられ、体重を10キロもサバ読みしていたことがYahoo!ニュースのトップに。すっかりデブキャラが浸透してしまった。もちろん、ネット上では「アイドルのくせに自己管理がなっていない」「醜態をさらすな」と容赦ない声が投げかけられている。

 しかし、「ダイエットしろ」という世間の厳しい意見を、彼女たちも知らないわけがない。元EE JUMPのソニンは著書『元リバウンドの女王』(宝島社)で、事務所からのダイエット指令に振り回され、挙げ句の果てに過呼吸で倒れた過去を告白しているが、現在のアイドルたちも同じように、事務所からプレッシャーをかけられたり、ファンからの声を十分すぎるほど自覚して節制に取り組んでいるに違いない。にも関わらず、それでもなぜ、彼女たちは太ってしまうのだろうか。

 ダイエットに必要なのは食事と運動というのは当然だが、それ以上に大事なのは「気持ちのバランス」である──そう説くのは、エステ業界で約2万人もの女性の美容・ダイエットに関わってきた著者による『怒りが消えれば、やせられる コーピング・ダイエット』(城ノ石ゆかり/きずな出版)だ。

 そもそも体重が増える現象は、消費カロリーを摂取カロリーが上回っているという単純な問題。では、太ってしまうほどの過剰な食欲はどこから生まれるのかといえば、ストレスが元になっていることが多い。心にかかった負荷を「食べることで処理」してしまうからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

怒りが消えれば、やせられる―コーピング・ダイエット

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ももクロもAKBもモー娘も! アイドル激太りはなぜ起こる?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48ももいろクローバーZモーニング娘。の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
2 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
3 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
4 財務次官セクハラが海外メディアでも
5 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
6 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
9 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
10 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 上念司もケントと同様、加計の客員教授
13 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
16 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
17 麻生太郎が愛人の店に2360万円
18 小林麻耶がラジオで涙の本音吐露
19 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
20 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12吉野復興相秘書が復興事業で利益誘導
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14“土俵は女人禁制”は本当に伝統?
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!