川上マネが告白! ももクロの歴史は“むちゃぶり”の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
momokuro_0701.jpg
『ももクロ流 5人へ伝えたこと 5人から教わったこと』(日経BP社)

 今年3月に女性グループ単独として初の国立競技場公演を成功させた、ももいろクローバーZ。2008年の結成当時(ももいろクローバー名義)には、メンバーたちがビラを配って集客を図りながら路上パフォーマンスを繰り返していた彼女たち。この奇跡的な飛躍を支えているのは、メンバー選出のころから携わっているチーフマネージャーの川上アキラ氏だ。

 彼女たちが所属しているのは、北川景子、岡田将生ら第一線で活躍する俳優・女優を多く擁する芸能プロダクション「スターダストプロモーション」。とはいえ、アイドルグループを育成したのは、ももクロが初。それにもかかわらず、どうしてアイドル戦国時代とも言われる今、ももクロは成功したのか。そこには、川上氏の「哲学」が大きく影響しているようだ。氏の著作『ももクロ流 5人へ伝えたこと 5人から教わったこと』(日経BP社)を読むと、ももクロの転換期と氏の哲学が大きな化学反応を起こし、グループを前進させていたことがうかがえる。

 例えば、09年に全国のヤマダ電機の店舗を回った全国ツアー。マネージャー自らハンドルを握り、ワゴン車で回ったこのツアーはファンの間でも伝説とされるものだが、よくよく考えると、小売店舗でパフォーマンスしたこと自体が常識外れだといえよう。特にアイドルグループの場合、フォーメーションや振り付けを考えると、スペースに余裕のあるステージが求められる。しかし、ももクロの場合は「左右に約3mずつの幅があれば5人は踊れる」という振り付けになっているそうだ。それは、「対応力の高いタレントになってほしい」という川上氏の考えが反映されたもの。「『できないことはない』というのを体に覚えさせたかった」「何か言われて『それはできない』というより、さらっとやって見せたほうがかっこいいじゃないですか」と語る川上氏だが、ももクロはメジャーデビューを果たすまではイベントも事務所スタッフがアイデアを出し合い、手作りで行っていた。裏方スタッフの努力や対応力の高さが、自然にメンバーに伝播していったのかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ももクロ流 5人へ伝えたこと5人から教わったこと

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

川上マネが告白! ももクロの歴史は“むちゃぶり”の歴史のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ももいろクローバーZリーダーの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画