『やすらぎの郷』続編では戦争も描く! 倉本聰が語った安倍首相への危機感「真摯なんて言葉の意味をあの人は知らない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『やすらぎの郷』続編では戦争も描く! 倉本聰が語った安倍首相への危機感「真摯なんて言葉の意味をあの人は知らない」の画像1
倉本聰『昭和からの遺言』(双葉社)

 昨年、大ヒットを記録した帯ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日)。その続編となる作品『やすらぎの刻〜道』が来年4 月より放送されることが発表された。

『やすらぎの刻〜道』は、『やすらぎの郷』の主人公であった作家の菊村栄(石坂浩二)が書いたシナリオという設定で、昭和初期からはじまり、戦中、戦後、平成を生き抜く夫婦の生涯を描くものであるという。物語の前半は清野菜名が、後半は八千草薫が主演を務める予定となっている。

 脚本を担当する倉本聰氏は〈昭和・戦中・戦後・平成、日本の豊饒への歴史を辿りながら、それに翻弄される一組の夫婦の“倖せ”への郷愁を探り、描くものである〉とコメントを出しているが、この物語を「戦中」から始めるのには確固たる意図があると思われる。

 というのも、倉本氏は「サンデー毎日」(毎日新聞出版)2018年1月28日号のインタビューで、安倍首相についてこのように断じているからだ。

「真摯なんて言葉の意味をあの人は知らないんじゃないかしら」

 言うまでもなく、これは「丁寧な説明」や「謙虚な姿勢で、真摯な政権運営に全力を尽くす」などと言っておきながら、強権的な姿勢は微塵も変わらず、森友・加計問題からも逃げ続ける安倍首相の態度のことを指している。さらに倉本氏は「国民はけっしてバカじゃないと思うんだけど、どうして安倍1強政治をこれだけ長持ちさせちゃうのか。原発問題、安保法制の問題といった重要議題を全部よそに置いて、景気、景気のアベノミクスに引っかかってるわけでしょ」とも語り、現在の日本が置かれている状況に危機感をつのらせる。

 なぜ、倉本氏は安倍政権を批判するのか。そこには、1935年生まれで、先の戦争に関する記憶を鮮明にもっている世代だからこそ、安倍首相の姿勢が戦争を引き起こしかねないという思いがあるのだろう。倉本氏は同インタビューのなかで、「些細なことで戦争まで行っちゃうんですよ」とも語っている。

 倉本氏は『やすらぎの郷』でも、作品のなかに自身の戦争体験を反映させることで、戦争の愚かさを伝えようとしていた。

 たとえば、地元の暴走族にレイプされたハッピー(松岡茉優)の仇をとるため、高井秀次(藤竜也)らが不良のアジトに乗り込み、不良の股間を握りつぶしながら「覚えておきなさい、ケンカはね、戦争です。戦後生まれのあんたらは知らんだろうけども、戦争というのは、こういうもんです」と語るシーンがあったが、これは倉本氏の実体験をもとにしたうえで書かれたセリフである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『やすらぎの郷』続編では戦争も描く! 倉本聰が語った安倍首相への危機感「真摯なんて言葉の意味をあの人は知らない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。倉本聰編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計理事長が大阪地震にぶつけて会見のゲス
2 安倍が森友加計追及を鈍らせるため震災を政治利用
3 サッカーW杯・テーマソングを徹底比較
4 大阪地震で差別デマ「スリーパーセルの仕業」
5 日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし
6 新潟県知事の花角「原発再稼働は当然」
7 和田政宗も絶賛「HINOMARU」とW杯
8 加計「安倍首相と理事長の面談否定」は嘘
9 グッディ!土田マジギレ真の原因
10 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
11 安倍と加計の嘘を証明する資料発見!
12 ラストアイドル近田春夫曲が反安倍と炎上
13 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
14 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
15 米朝会談でトランプ任せの安倍に蓮池透が怒り
16 蓮池透が南北会談めぐる安倍の姿勢を批判
17 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
18 安倍カジノ法案強行の背景にトランプ!
19 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
20 是枝監督へのネトウヨ攻撃に町山、想田、松尾が反論
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1新潟県知事の花角「原発再稼働は当然」
2安倍と加計の嘘を証明する資料発見!
3是枝監督へのネトウヨ攻撃に町山、想田、松尾が反論
4パックンが日本の芸人の権力迎合を分析
5 安倍「私や妻が関係してたら辞める」発言の裏側
6安倍が森友加計追及を鈍らせるため震災を政治利用
7米朝会談でトランプ任せの安倍に蓮池透が怒り
8安倍カジノ法案強行の背景にトランプ!
9日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし
10 拉致進展なしで安倍が必死のゴマカシ!
11ラストアイドル近田春夫曲が反安倍と炎上
12『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
13加藤勝信厚労相が高プロ調査をでっち上げ
14新潟知事選女性差別問題で花角候補直撃
15新潟県知事選で花角知事陣営がデマ攻撃
16大阪地震で差別デマ「スリーパーセルの仕業」
17新潟知事選選の女性蔑視演説めぐる姑息
18米朝会談開催地は朝鮮人慰安婦連行の地
19『ZERO』に安倍御用記者の青山和弘が
20長谷川三千子と竹内久美子のセクハラ擁護がヤバイ
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄