「北朝鮮と国交断絶」を呼びかけた河野太郎外相の「安倍の犬」化が止まらない! ついにはフェイクまで垂れ流し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「北朝鮮と国交断絶」を呼びかけた河野太郎外相の「安倍の犬」化が止まらない! ついにはフェイクまで垂れ流しの画像1
自由民主党HPより


 平昌冬季五輪を契機にしておこなわれた南北閣僚級会談には国際的に「一歩前進」と評価の声が上がるなか、外遊先で北朝鮮脅威を説いて回った安倍首相。だが、異常な言動を繰り返しているのは安倍首相だけではない。首相の意を汲んだ先兵となっている河野太郎外相もだ。

 16日にカナダとアメリカが共催してバンクーバーで開かれた北朝鮮の核・ミサイル問題に関する20カ国外相会合で、河野外相はこんなことを主張したのだ。

「国交を断つとか、あるいは北朝鮮からの労働者を送還するなど、各国は制裁をステップアップさせるべき時期だ」

 なぜか国内の大手メディアはこの河野発言をまったく取り上げていないが、上記の発言はNHKの国際放送「NHK WORLD News」で伝えられているものである。

 他国の国家間の問題に干渉し、国交の断絶を呼びかける──。この河野外相の発言は、越権行為ともいえるだけでなく、北朝鮮を無用に刺激して対日本への緊張関係を高めるだけのもの。河野外相は昨年9月に米コロンビア大学での講演でも「我々は、これらの国々に対し、北朝鮮との外交的・経済的な関係を断つよう求めなければならない」と主張していたが、実際に世界の外相に向かってこんなヒステリックな意見をぶつけるとは、国を代表する外交担当トップとしてあり得ない言動だ。

 しかも、河野外相はこの外相会合で、北朝鮮籍とみられる船の漂流・漂着が急増していることについて「食糧不足のため、冬にもかかわらず燃料が不十分な船で出漁を命じられた」結果だと説明したと、同席していたティラーソン米国務長官が明かした。つまり、「制裁が効き始めている結果」だとする発言をおこなったというのである。

 北朝鮮に暮らす国民には何の罪もなく、むしろ人権がないがしろにされている現状を国際社会が問題にするべきなのは当然のこと。にもかかわらず、経済制裁によって国民が困窮しているという認識を、得意げになって開陳したのである。この発言は、人道に反して北朝鮮の国民の命を虫けら同然のように捉えている証拠で、これでは北朝鮮と同じ人権無視の態度ではないか。

 その上、河野外相は南北対話に対しても「北朝鮮は核・ミサイル計画を継続するための時間稼ぎを意図している」と発言。さらには会合後、こんなふうに記者団に断言までしてみせた。

「(会合では)対話ムード、融和ムードは一切なかった」

 これは事実に反する発言だ。現に、議長総括は「圧力継続」を盛り込みつつも実質的に現状維持と呼ぶべき内容だが、一方で「南北対話と北朝鮮の五輪参加の意思」に対しては「歓迎」し、「緊張緩和に繋がることを期待する」と盛り込まれた。共同議長国であるカナダのフリーランド外相も「外交的解決が可能であり、不可欠だと信じている。それが今日の会合の結果だ」とし、「北朝鮮が平昌五輪に参加することは希望の兆候だ」と河野外相の主張とは異なる意見を会見で述べている。なのに、河野外相は現実を無視して「対話・融和ムードは一切なかった」と言い切ったのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「北朝鮮と国交断絶」を呼びかけた河野太郎外相の「安倍の犬」化が止まらない! ついにはフェイクまで垂れ流しのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。河野太郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも