星田英利(ほっしゃん。)、ウーマン村本、松尾貴史、吉田照美…安倍政権に「NO」を突きつける芸能人の言葉を聞け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abe_01_171021.jpg
首相官邸ホームページより


 いよいよ衆院選の投開票日が明日に迫った。結局のところいまにいたるまで、なんのための解散なのか、なにを国民に問いたい選挙なのかがさっぱりわからないが、この間に繰り返されたのは、権力に対して疑義の声をあげた人に対し、安倍応援団たるネトウヨが集団で絡み付いていくという醜悪な光景だった。

 10月2日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で「無神経、馬鹿じゃないと総理大臣ってできないと思うのよ。安倍ちゃんなんて馬鹿の象徴じゃない?」と語ったマツコ・デラックスや、安倍首相がゲストで登場した10月8日放送『徹の部屋』(AbemaTV)で「ずーっと安倍さんのファン」「日本の国は安倍さんじゃなきゃダメだ」「ほんとにメディアは報道すべきことを報道しない」などとおべっかを使いまくる幻冬舎社長・見城徹氏をツイッターで〈是非、若者に見て欲しい。これが将来勝ち組になるオトナの会話だ。これくらい「飲み屋でやれ!」と思う映像も珍しい〉と皮肉った水道橋博士に対し、ネット上で罵詈雑言が飛び交い炎上した件は、それぞれ本サイトでも記事にしている。

 ただでさえ権力者を批判するような言説をネトウヨが集中攻撃する傾向が強くなっているなか、知名度の高い芸能人であれば政権を批判した際のリスクは飛躍的に高くなる。

 しかし、それでも、口をつぐむことを良しとせず、勇気ある発言をする芸能人は確実に存在する。

 星田英利(ほっしゃん。)は大阪民主新報2017年10月22日号のインタビューに応えているのだが、そこでは安倍政権に対しこのように憤りを表明している。

「選挙権を取って26年、いろんな政権を見てきましたが、今の政権にはこれまで感じたことのない違和感を覚えます。いろんなことに説明責任を果たしていない」

 まさしくその通りだろう。今回の冒頭解散だって森友・加計学園問題を攻められたくないがための保身の解散なのは明白である。

 そして、安倍政権に対し、星田が危機感を覚えるのは、首相の戦争への欲望だ。北朝鮮に対して国際的に対話路線が敷かれるなか、首相はドナルド・トランプ米大統領と並んでその道を塞ぎ、ひたすらに圧力をかけ続けている。このような行動に対し、星田は「戦争に行かされるのは国民。戦争をさせる人を絶対に許してはならないと思います」と怒りをあらわにした。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

星田英利(ほっしゃん。)、ウーマン村本、松尾貴史、吉田照美…安倍政権に「NO」を突きつける芸能人の言葉を聞けのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも