元人気AV女優の大塚咲が15 歳で受けたレイプ被害を告白!「私の人格を奪った“性”の正体を知るためAVに」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
元人気AV女優の大塚咲が15 歳で受けたレイプ被害を告白!「私の人格を奪った性の正体を知るためAVに」の画像1
『よわむし』(双葉社)

 先日、性犯罪を厳罰化する刑法改正案が施行された。これにより、強姦罪という名称は「強制性交等罪」に改められ、法定刑の下限が懲役3年から懲役5年に引き上げられた。また、強姦罪や強制わいせつ罪などに問うために必要だった被害者の告訴が不要となり、親告罪ではなくなった。

 性犯罪に関する刑法の改正は約110年ぶりになり、一定の前進を見たと評する声もある一方、被害者団体が撤廃を求めていた罪の成立に「暴行または脅迫」の立証を必要とする項目などはそのままであり、まだまだ議論の余地を残している。

 これに対し、元人気AV女優で現在は写真家や画家として活動する大塚咲は、ウェブサイト「HUFFPOST」のインタビューでこのように答えていた。

「親告罪ではなくなったのはいいことだと思うけど、『5年か』って鼻で笑ってしまいましたよ。身体を傷つけたら厳しい罪に問われるのに、心ってものに対してはずいぶん価値を低く見積もってるなと。レイプは魂の殺人です。だからそれなりに罪を重くしないと。最低5年では、今後も被害者は減らないと思います」

 彼女がこのように語るのは、15歳のときにレイプ被害に遭い、それからの人生を苦痛に満ちたものに変えさせられてしまったという経験があるからだ。大塚は今年6月に自伝本『よわむし』(双葉社)を出版。レイプ事件や、それによるトラウマとフラッシュバックに悩まされ続けた人生を告白し、話題となっている。

 事件は日曜日、英語検定の2次試験を受けに学校へ向かう途中で起こる。学校のすぐ近くで見知らぬ男にナイフを突きつけられて襲われたのだ。その事件について彼女は本のなかでこのように綴っている。

〈見知らぬ男に捕まえられた事、ナイフを突きつけられた事、首を締められた事、意識を失った事、男の手が私の体を触っている事、性器を挿入されている事、口の中に舌を入れられた事、全てが突然落ちてきた恐怖だった。
 その未知の恐怖は“私の現実”とは思えなかった。この男の目、欲に満ち興奮しきった真っ黒な穴の空いた目だけが、なぜかリアルに感じた。
 さっき突きつけられたナイフが、男のズボンに付いているキーチェーンとぶつかって、男の腰が動く度にチャラチャラと甲高い金属音を立てている。その音は、恐怖心を煽り、私の顔を引きつらせ、怯えた表情が男の興奮を煽っていた。男の欲望の心理に気が付いた私は、反射的に男に対して強烈な殺意を覚えた。でも、殺意は己の無力を知るだけの力しか持っていなかった。
 自分の命を助けるために、私は男の言いなりになるしか方法がなかった。だって、それしか出来ない。この男を殴って逃げる事も、ナイフを奪って男を刺す事も私には出来ない〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

元人気AV女優の大塚咲が15 歳で受けたレイプ被害を告白!「私の人格を奪った“性”の正体を知るためAVに」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性犯罪新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
3 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
4 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
5 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
6 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
9 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
10 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
15 愛川欽也が「安倍に殺される」と
16 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
17 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
18 東京五輪ボランティアがブラックすぎ
19 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
20 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5安倍の加計との面会否定が信じられない理由
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
10麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
11 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
12のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
13日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
20柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ