「キネマ旬報」が共謀罪を特集! 映画界から続々とあがる反対の声、周防正行、ケラリーノ・サンドロヴィッチも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「キネマ旬報」が共謀罪を特集! 映画界から続々とあがる反対の声、周防正行、ケラリーノ・サンドロヴィッチもの画像1
「キネマ旬報」17年6月下旬号

 共謀罪法案の審議が佳境を迎えている。表現や思想の自由を著しく侵害する可能性があることや、法律の適用範囲が曖昧で公権力の恣意的な解釈を呼び込むことが危惧されるなど、この法案の危険性は誰の目にも明らかにも関わらず、与党は今週内での採決にこだわる姿勢を崩さない。

 周知の通り、この共謀罪法案には海外からも問題が指摘する声が相次いでいるが、安倍政権は逆ギレのような回答を投げつけそれらを無視。「平成の治安維持法」とも呼び称せられる法案の中身を吟味する姿勢すら見せず、あくまで強行採決へと突進している。加計学園をめぐる問題について野党は集中審議を要求しているが、それには応じず、共謀罪を強行採決したら早々に閉会させるものとみられている。端的に言って「やりたい放題」。我々はいままさに、民主主義が死ぬ瞬間を目の当たりにしていると言っていいだろう。

 共謀罪に関しては多くのメディアから反対の声が相次いだ。本サイトでも「週刊女性」(主婦と生活社)が2017年4月25日号で「共謀罪がやって来る!──監視社会ニッポンの行方」と題した10ページにおよぶ共謀罪の解説特集を組んだことを記事にしているが、今回さらに映画雑誌の老舗「キネマ旬報」も共謀罪に異議を唱える特集記事を掲載した。

「キネマ旬報」17年6月下旬号では、「来るべき世界への懸念──治安維持法と映画、映画人」と題して3ページの特集を展開。映画評論家の轟夕起夫氏が黒澤明監督『わが青春に悔いなし』や山田洋次監督『母べえ』といった、実話を基としながら治安維持法下の日本を描いた映画を紹介し、治安維持法がいかに人々の自由を奪い、法の拡大解釈の果てに権力に楯突く者を逮捕する道具に変わっていったかということを解説している。それは、共謀罪が成立しそうなところを目の当たりにしている私たちにとって、歴史上に起きた過去の出来事などではない。これから起きようとしていることだ。轟夕起夫氏はこのように綴る。

〈隠蔽体質は、今も脈々と続く。「共謀罪(テロ等準備罪)」が治安維持法と変わらなければ、時の政権に対して異議申し立てをする者は“普通の一般人”から外され、“非国民”として扱われるに違いない。その兆候はすでにある。特高などなくても国民同士が感情的にそれをやっている。見事な相互監視社会であり、密告社会。スティーヴン・スピルバーグ監督の「マイノリティ・レポート」(02)やフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督の「善き人のためのソナタ」(06)を、これからも純粋に映画として楽しむことができるのか……〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「キネマ旬報」が共謀罪を特集! 映画界から続々とあがる反対の声、周防正行、ケラリーノ・サンドロヴィッチものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
2 恐怖!安倍政権が存続した未来はこうなる
3 安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
4 衆院選極右候補者「ウヨミシュラン」
5 安倍政権にNOを突きつける芸能人
6 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
7 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
9 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
10 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
14 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
15 「不倫学」が教える防止策とは?
16 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
17 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
18 安倍政権忖度でドキュメント番組が改変
19 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
20 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
5高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
6田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
7中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
10自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
11加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
12安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
13原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
14中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
15小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
16長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
17ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
18安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
19安倍政権にNOを突きつける芸能人
20昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」