新海誠がスガシカオとの対談で意外な発言!『君の名は。』の次は“日暮里のラブホテル”が舞台のDQN映画?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
新海誠がスガシカオとの対談で意外な発言!『君の名は。』の次は日暮里のラブホテルが舞台のDQN映画?の画像1
映画『君の名は。』公式サイトより


 先日発表された第40回日本アカデミー賞で、アニメ作品では初となる最優秀脚本賞を受賞したことも話題の『君の名は。』。公開から半年以上が経った現在もいまだに劇場公開の続く超ロングラン上映となっているが、新海誠監督はそろそろ次回作に取り組むタイミングとなっているとのことで、どんな方向性の映画をつくろうか模索しているようだ。

 邦画史上でも稀に見る大ヒット作の次はどんな映画になるのか──監督の肩には相当なプレッシャーがかかっているであろうが、そのヒントとなる発言が最新のインタビューのなかにあった。それはなんと、これまでの新海誠作品の世界観とは180度真逆の「大人」な「夜」の世界。もっと下世話な言い方をしてしまえば「物語のなかに“ラブホテル”が出てくる世界」を見据えているのだというのだ。

 その発言があったのは、「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)2017年4月号に掲載されたスガシカオとの対談でのこと。お互いがファンだと告白し合う和やかな雰囲気の対談のなかで新海監督はこのように語り出す。

「僕はそろそろ次回作を考えなければいけないタイミングなんですが、お話の中身はもちろん、音楽をどうするかということも一緒に考えていきたいなと思っていて、ヒントを探しているんです。そんな下心もあって今日ここに来たんですが(笑)」

『君の名は。』におけるRADWIMPSの劇伴はもちろん、『秒速5センチメートル』での山崎まさよし「One more time, One more chance」、『言の葉の庭』における秦基博「Rain」など、新海作品において音楽の存在は極めて重要な立ち位置を占めており、それは脚本の善し悪しにも匹敵するほど大事なものと言ってもいいかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

新海誠がスガシカオとの対談で意外な発言!『君の名は。』の次は“日暮里のラブホテル”が舞台のDQN映画?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スガシカオ新海誠新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃