井上公造にも反撃、ASKAのマスコミに怯まない姿勢は昔からだった! 講談社の記事に怒り自ら新聞に謹告文出稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
aska_170111.jpg
『インタビュー』(幻冬舎)

 昨年末、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕・拘留されたものの、嫌疑不十分で釈放されたASKA。

 この件に関するマスコミの報道は本当にひどいものだった。テレビ各局はまだ逮捕状すら出ていない段階にもかかわらず、警視庁のリークに乗っかって「ASKA元被告 逮捕へ」と一斉に報道。当のASKAは自分のブログで逮捕も覚せい剤の陽性反応も完全否定したが、ASKAの自宅前にはマスコミが集結。警視庁による身柄確保の瞬間まで、あらゆるメディアで実況中継されるという事態に発展したのだ。

 この後もブログの内容をあげつらい、まだ捜査も進んでいない段階で薬物常習者だと決めつけるような報道を続けたことや、タクシー会社に車内映像を提供させて放映したことも記憶に新しい。

 そういった報道のなか、芸能レポーターの井上公造が11月28日放送『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)のなかでASKAの未発表音源を無許可で放送したのも大きな問題となった。ミュージシャンの未発表作品を本人の許可もなく勝手に流すという有り得ない行動にASKAはブログで異議を綴っていたが、「SPA!」(扶桑社)2017年1月3日号掲載のインタビューでも、このように怒りを表明していた。

〈絶対やっちゃいけないことですよね。というよりも、よくあんなことができたな、という気持ちです。僕は昔からそうですが、楽曲の反応を見るために、完成前の未発表曲を聴かせることがよくあります。もちろん、コピーなどしないことを大前提にです。数十年間、誰も約束を破る人などいませんでした。井上さんとも「絶対に公開しないでください」「もちろんです」とのやりとりがありました〉

 一般的に、メディアスクラムを組んだこのようなバッシング報道を受けた芸能人は、泣き寝入りするのがパターンだった。しかし、ASKAの場合はブログなどを用いて対抗。集団リンチのような状態にも、決してひるんだ様子は見せなかった。

 実は、ASKAのこういった姿勢は昔から一貫していたものだ。そのひとつが、約20年前に講談社から出版されていた雑誌「Views」(現在は休刊)内の表現をめぐり、論争した事件である。

 この件でASKAは「Views」で書かれている自分の発言は誤りであるとして朝日新聞の全国版に自ら謹告文を掲載し、さらに同年、この件についての経緯や思いを記したエッセイ集『インタビュー』(幻冬舎)も出版している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 稲田が自衛隊と米空母の訓練を秘密に
2 自衛隊とカールビンソン共同訓練の裏
3 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
4 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
5 星野源が大衆ウケするようになった理由
6 「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
7 ガンバ大阪「ナチス旗」問題を取材検証
8 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
9 室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
10 安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
11 エイベックス役員がグラドルに強姦未遂
12 中川俊直不倫醜聞は自民党の体質に原因
13 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
14 シリア攻撃を支持した安倍の支離滅裂!
15 秋篠宮家の料理番がブラック告発
16 マツコが“忘れられない男”と首都高で
17 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
18 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
19 星野源の“壮絶”闘病生活
20 グッディ!土田マジギレ真の原因
PR
PR
1玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
2自民が森友追及され逆ギレ強行採決
3オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
4室井佑月が山本太郎に迫る!(前編)
5「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
6ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
7安倍が北朝鮮危機煽りつつ桜を見る会
8キノコや筍を採るだけで共謀罪
9講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
12安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
13「共謀罪」にアジカン後藤らが反対の声
14室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
15北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
16 高畑勲が安倍を止められない苦悩を吐露
17有村治子議員がNHKに言いがかり
18三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ!
19昭恵夫人のサミット機密漏洩に新証拠!
20安倍政権が自衛隊の対北武器使用指針
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」