出演強要、売上減少、違法サイト…AV監督、女優、男優が語るAV業界の危機、そして再生のための方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mosaic_161103_top.jpg
井川楊枝『モザイクの向こう側』(双葉社)

 当サイトでも何度も取り扱ってきた「AV出演強要問題」。2016年3月、国際人権団体のヒューマンライツ・ナウが「タレントやモデルとしての契約を装ってプロダクションと契約を結ばせAV出演を強要、もしも出演を渋れば違約金や親にバラすといった脅しをかける」といった被害が続出しているとの報告書を発表したことから、AV業界のあり方が社会問題化した。

 6月には業界大手のAVプロダクションであるマークスジャパンの元社長らが労働者派遣法違反容疑で逮捕。7月には、NHKの『クローズアップ現代+』にまでこの問題が取り上げられたことは記憶に新しい。

 そんななか、男性向け成人誌などを中心に執筆し、『封印されたアダルトビデオ』(彩図社)の著書ももつライターの井川楊枝氏が、今回の問題を機にAV業界の内情について迫った『モザイクの向こう側』(双葉社)を出版した。

 今回のAV出演強要をめぐる問題が表面下したとき、業界関係者からの声としてまず多く聞かれたのが、「ヤクザのような人間が跋扈していた1980年代ならいざ知らず、健全化した現在のAV業界でそのような被害は起こらないだろう」といった意見だ。

 しかし、業界内部の人間でもある井川氏は本書のなかでこのように綴っている。

〈私は、普段、雑誌でAVのパブ(宣伝)記事を入れ込むこともあって、複数のAVメーカーや事務所と繋がっている。どちらかというと、AV業界に寄り添っているライターで、業界とは持ちつ持たれつの関係だ。しかし、強要問題が世間で話題となったとき、私は諸手を挙げてAV業界を擁護する立場には回れなかった〉

 AV業界が抱える問題の構造について議論される際に、必ず挙げられるのが00年代中ごろに起きた、AVメーカーであるバッキー・ビジュアル・プランニングの撮影による傷害事件、通称バッキー事件だ。

 このメーカーの撮影では、出演者には「軽いレイプもの」と説明しておきながら、実際は20人以上の男たちが殴る蹴るの暴行を加えながら中出しするものであったり、水を張った風呂に無理やり沈める「水責め」を行っていたり、強制的に飲酒させるなどといった違法性の高い撮影を日常的に行っていた。また、肛門に浣腸器具を挿入し直腸穿孔、肛門裂傷の大ケガを負わせ、一歩間違えれば死亡事故につながった事件まで起こしている。これにより、メーカーの代表者には懲役18年の実刑判決が言い渡された。

 井川氏は、本書のなかで、業界に入りたてのころ、バッキーの撮影を手伝ったことがあると告白。四肢を拘束されたうえ、顔に糞尿を落とされる過酷な撮影で女優が「おまえら全員訴えてやる!」と泣き叫んだ壮絶な現場の記憶を綴っている。だから、〈諸手を挙げてAV業界を擁護する立場には回れなかった〉と井川氏は言うのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

出演強要、売上減少、違法サイト…AV監督、女優、男優が語るAV業界の危機、そして再生のための方法とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHKクローズアップ現代井川楊枝安達かおる田中 教の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画