リオ五輪、W杯最終予選直前に考える、サッカーは右翼的ナショナリズムやレイシズムと無縁ではいられないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
soccer_160804_top.jpg
清義明『サッカーと愛国』(イースト・プレス)

 8月4日(日本時間では5日)、ナイジェリア戦を皮切りにスタートするリオデジャネイロ五輪のサッカー。また、9月1日にはアラブ首長国連邦戦を皮切りにワールドカップのアジア最終予選も始まる。今年の夏はサポーターにとって、観戦で眠れぬ夏となるわけだが、ここで視点をピッチではなく、スタンドに向けてみたい。

〈サッカーファンならば知っていることだが、それ以外の人たちには時折勘違いされることがある。それは、サッカーファンが「ナショナリズム」に染まった右派的な人たちの集まりだというものだ。
 確かに、スポーツニュース以外のところでサッカーが話題になるのは、フーリガンの暴力沙汰や差別事件ばかりである。そして、日本代表の試合になれば国旗をなんのてらいもなく振り回す人たち。このイメージが観念連合に昇華すれば、サッカーファンは右派的とみなされても仕方ないかもしれない〉

 サッカーと社会問題の関係について執筆しているフリーライターの清義明氏は、先日出版された『サッカーと愛国』(イースト・プレス)でこのように綴っている。

 スポーツとナショナリズムは親和性が高く、確かにサッカーは殊にその傾向が強いイメージをもたれている。それがうまく機能すればサッカーは人々を連帯に導くための有効なツールとなるが、一歩間違えば、マイノリティの人々を排斥するための非常にグロテスクな人種差別の道具となってしまう。

 ヨーロッパのサッカーの歴史を紐解いていけば、1980年代はサッチャー政権下に若者の失業者が急増、そんな時代背景のもと、ナショナルフロント(右翼)が多く属するフーリガンによる暴力事件が社会問題化し、当時サッカースタジアムに行くことが命がけの行為だったことは有名であった。その様子は、同時代のパンクロックの歌詞や映画でも多く作品のテーマとされており、今でもそれらを通じて当時の危険な空気感を疑似体験することができる。

 それから時が経ち、各国のサッカー協会やチーム、およびサポーターの努力によって、現在ではそういった状況はある程度改善されてはいるものの、いまでもピッチ、スタンドにおける人種差別をめぐる問題は根深く残っている。

 2014年、当時バルセロナに所属していた黒人選手のダニエウ・アウベスがコーナーキックに向かう途中、観客のひとりが彼にバナナを投げつけ、アウベスがそのバナナを手に取って食べることで抗議。そのユーモアをともなった返しに、ネイマールやダヴィド・ルイスらが共鳴。選手や監督など各国のサッカー関係者がいっせいにバナナを食べる写真をソーシャルメディア上に投稿した一件を覚えている方も多いだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

リオ五輪、W杯最終予選直前に考える、サッカーは右翼的ナショナリズムやレイシズムと無縁ではいられないのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井川健二の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
11 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
12 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13 原発広告に文化人や芸能人が
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画