「パナマ文書に電通」は風評被害じゃない! タックスヘイブンに電通系ファンドと北京電通幹部の別会社が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
panamabunsho_01_160409.jpg
国際調査報道ジャーナリスト連合が公開しているパナマ文書のウェブページより


 各国のトップや企業が税金のかからない「タックスヘイブン」(租税回避地)を利用し、租税回避行為を繰り返していた実態を白日の元に晒す「パナマ文書」の全貌が、5月10日に公開される。

 パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した「パナマ文書」は、南ドイツ新聞を通じて「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)の手に渡った。データ量にして2.6テラバイトという膨大な文書で、イギリスのキャメロン首相やロシアのプーチン大統領らの周辺人物らの名前も記載されており、世界中で大騒動となっている。

 一方、日本ではICIJに参加する共同通信と朝日新聞が分析を行っている。共同通信によれば、4月26日までに、日本在住者や日本企業が株主や役員として記載された回避地法人が少なくとも270に登ることが判明。そのなかには警備大手セコム、大手商社の丸紅、伊藤忠商事、またコーヒー飲料大手UCCグループ代表者の名前が確認されているという。

 ただ、菅義偉官房長官が早々に調査に否定的な見解を表明するなど、安倍政権には問題化を避けるような動きも目立つ。

 そんななか、朝日新聞が4月24日付で「電通・NHK、「パナマ文書」で風評被害 似た名が記載」なるタイトルの記事を出した。内容は、〈ネット上で「企業名が文書に載っている」「租税回避しているのではないか」などと根拠もなしに書き込まれる風評被害が相次いでいる〉として、広告業界最大手の電通とNHKが〈被害に遭っている〉とするものだ。

 記事によれば、「パナマ文書」のなかに「DENTSU SECURITIES INC」(イギリス領バージン諸島)や「NHK GLOBAL INC」(パナマ)という両社と類似した名称の会社が見つかった。これについて朝日が電通広報に問い合わせたところ、「徹底的に調査したが、当社の関連会社には存在しない」と説明。NHK広報も同様に「NHK及び関連団体と関係はない」と否定したという。

 だが、NHKや電通に持ち上がっている疑惑は、はたして、本当に朝日が書くように「風評被害」なのだろうか? 疑惑が向けられた当事者に「そんな関連会社は存在しない」と否定されただけで、「風評被害」と断定するのは、ちょっと追及が甘すぎるのではないか。

 とくに、電通に関して言えば、ICIJがパナマ文書とは別に、2013年に発表したタックスヘイブンに関する調査報道では、類似ではなく、本物の電通本社や実在するファンドの名前が挙がっていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「パナマ文書に電通」は風評被害じゃない! タックスヘイブンに電通系ファンドと北京電通幹部の別会社がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
2 中居ジャニーズ残留とキスマイ
3 テレ朝元社長が安倍と癒着する現幹部を批判!
4 NHK国会中継は政治部=官邸が判断
5 『ハクソー・リッジ』沖縄隠しの理由
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 獣医学部の全国展開で安倍と菅がさらに
8 前川前次官が田崎スシローを批判!
9 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
10 北ミサイル対策CMに茂木健一郎が批判
11 オードリー若林が新自由主義に違和感
12 稲田朋美「子ども手当を軍事費に回せ」
13 安倍「獣医学部の全国展開」で大混乱が
14 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
15 百田尚樹の韓国ヘイト本がヒドい!
16 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
17 NHKクロ現スクープの裏事情
18 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
19 SMAP3人テレビ追い出し作戦の手口
20 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1NHK『クロ現』が総理圧力の証拠報道
2文科省天下り問題の裏には官邸が
3北ミサイル対策CMに茂木健一郎が批判
4安倍首相は「反省」などしていない!
5安倍首相はこれだけウソをついてきた!
6安倍「獣医学部の全国展開」で大混乱が
7萩生田の答弁は嘘、安倍、加計とBBQ
8クロ現報道、文書への官邸の反論が酷い
9追悼…野際陽子が語った戦争の悲惨
10共謀罪強行成立に著名人たちが怒りの声
11共謀罪強行成立記念!トンデモ答弁録
12安倍官邸VS文科省が全面戦争に突入
13林真理子が文春で山口敬之問題に言及!
14文科省女性官僚にネトウヨがデマ攻撃
15安倍側近・萩生田が「加計ありき」の指示!
16共謀罪強行成立をテレビがスルー!
17NHK国会中継は政治部=官邸が判断
18NHKクロ現スクープの裏事情
19SKY-HIが共謀罪批判ラップを発表
20森友強制捜査で検察が国有地問題スルー
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」