>  >  > 清原逮捕で立花胡桃の売人発言が

清原逮捕に立花胡桃がテレビで「夫は売人じゃない」! でも発言を紹介したニュースが数日後、跡形もなく…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kiyohara_01_160211.jpg
OFFICE KIYOHARA OFFICIAL WEB SITEより


 様々な波紋を呼んでいる清原和博容疑者の覚せい剤逮捕。週刊誌やネットでは、クスリの供給ルートやシャブ仲間として暴力団や元野球選手などが取り沙汰されているが、そんな中、思わぬ人物の口から思わぬ発言が飛び出し、ちょっとした話題になっている。

「夫がネットで売人のように書かれているが、絶対にないですから!」
「これは否定したい。売人じゃないしタバコも吸わない」

 2月5日放映の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)でこう否定したのは、元キャバ嬢で知られるタレント・作家の立花胡桃だ。立花のいう「夫」というのは大手芸能プロダクション・ケイダッシュ幹部のA氏のこと。

 A氏はケイダッシュ・川村龍夫会長の右腕として辣腕をふるっているやり手マネージャーだが、同時にバーニングの周防郁雄社長の別働隊ともいわれ、芸能界やマスコミに絶大な影響力を持っている人物だ。

 そして、ケイダッシュといえば、覚せい剤使用が疑われ仕事が激減した清原容疑者を“所属扱い”にして、昨年4月からテレビ界へ復帰させた芸能事務所。そんなことからネットでは、清原の逮捕直後からA氏が“売人”扱いされているらしい。

 もっとも、今回、清原のマネジメントをやることになったのは、川村会長の意向が強かったといわれ、A氏は直接的にはタッチしていない。そういう意味では、とんだ巻き添えをくった形だが、しかし、一方ではA氏にこうした噂がたつのもむべなるかな、という部分はある。

 というのも、このA氏をめぐってはこれまでも数々のキナ臭い“事件”が起こっていたからだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 自民党ネトサポが「植松容疑者は正論」
2 小池百合子と橋下徹の危険な共通性!
3 香取慎吾がキムタクに激怒報道の裏側
4 石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
5 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
6 百田尚樹『殉愛』の嘘が裁判所で認定! 
7 植松容疑者は新自由主主義政策と地続き
8 SMAPを殺したのはキムタク
9 小池が安倍と手を組み改憲の扇動役に
10 キムタク最大のタブーとは?
11 小池百合子は“ネトサポ”の親玉だった
12 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
13 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
14 相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
15 林真理子がなんとキムタク批判!
16 酷すぎ!小池百合子も沖縄ヘイト発言
17 雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
18 ホリエモンが障がい者差別発言?
19 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
20 中居がキムタクに「納得がいかない」
PR
PR
1石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
2石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
3安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
4米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
5小池百合子は“女性の味方”じゃない!
6相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
7 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
8小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
9「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
10小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
11雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
12植松容疑者は新自由主主義政策と地続き
13自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
14大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
15安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
16改憲勢力2/3に直木賞作家が危機感!
17酷すぎ!小池百合子も沖縄ヘイト発言
18ポケモンGOで自民党とマスコミの姑息
19水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
20小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」