>  >  > 清原逮捕で立花胡桃の売人発言が

清原逮捕に立花胡桃がテレビで「夫は売人じゃない」! でも発言を紹介したニュースが数日後、跡形もなく…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kiyohara_01_160211.jpg
OFFICE KIYOHARA OFFICIAL WEB SITEより


 様々な波紋を呼んでいる清原和博容疑者の覚せい剤逮捕。週刊誌やネットでは、クスリの供給ルートやシャブ仲間として暴力団や元野球選手などが取り沙汰されているが、そんな中、思わぬ人物の口から思わぬ発言が飛び出し、ちょっとした話題になっている。

「夫がネットで売人のように書かれているが、絶対にないですから!」
「これは否定したい。売人じゃないしタバコも吸わない」

 2月5日放映の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)でこう否定したのは、元キャバ嬢で知られるタレント・作家の立花胡桃だ。立花のいう「夫」というのは大手芸能プロダクション・ケイダッシュ幹部のA氏のこと。

 A氏はケイダッシュ・川村龍夫会長の右腕として辣腕をふるっているやり手マネージャーだが、同時にバーニングの周防郁雄社長の別働隊ともいわれ、芸能界やマスコミに絶大な影響力を持っている人物だ。

 そして、ケイダッシュといえば、覚せい剤使用が疑われ仕事が激減した清原容疑者を“所属扱い”にして、昨年4月からテレビ界へ復帰させた芸能事務所。そんなことからネットでは、清原の逮捕直後からA氏が“売人”扱いされているらしい。

 もっとも、今回、清原のマネジメントをやることになったのは、川村会長の意向が強かったといわれ、A氏は直接的にはタッチしていない。そういう意味では、とんだ巻き添えをくった形だが、しかし、一方ではA氏にこうした噂がたつのもむべなるかな、という部分はある。

 というのも、このA氏をめぐってはこれまでも数々のキナ臭い“事件”が起こっていたからだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
2 安倍政権が“国策映画”計画へ
3 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
5 MBAは役に立たない!おサムい実情
6 橋下がトランプ擁護“メディアは打ち首”
7 安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
8 松潤と井上真央の結婚が白紙に!
9 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
10 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
11 マツコ・デラックスが安倍への毒を連発
12 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
13 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
14 上西小百合の毒舌ツイートがすごい!
15 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
16 政権が原発被害隠しにDASH村利用
17 百田尚樹の「改憲PR映画」がトンデモ!
18 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
19 関東連合元幹部がIT長者の素顔を暴露
20 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3安倍政権御用ジャーナリスト大賞
4室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
5安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
6トランプのマスコミ排除は日本でも
8原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
9デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
10SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
11メリルストリープの指摘は日本のことだ
12安倍政権が“国策映画”計画へ
13慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
14安倍政権が国民を騙す「偽装改憲計画」
15『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17差別主義者のヘイト発言を振り返る!
18安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
19今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
20野党が勝てないのは経済政策のせいだ
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」