小保方晴子氏が手記出版で反撃! STAP細胞は若山教授が黒幕、私は捏造犯に仕立てられた、と…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

〈私は混入犯に仕立て上げられ、社会の大逆風の渦に巻き込まれていった。私は「若山研以外からのサンプルの入手経路はない」と事実を述べ、「実験してはっきりさせる」とコメントを出すしかなかった〉

 しかし、その後、理研の調査によって、若山氏の会見内容は間違いであることが発覚。STAP幹細胞と若山研のマウスは別物でなく、〈若山研で飼育されていたマウスに由来している〉ことがわかっている。

 つまり、小保方バッシングの材料とされた、若山氏が発信源の情報は事実ではなかったということらしい。

 他にも、小保方氏は同書の中で、若山氏の不可解な動きをいくつも指摘している。著者間で合意していた「ネイチャー」論文の撤回理由書を若山氏が勝手に書き換えてしまったこと、さらには、若山研にいた頃に作製され、大切に箱に保存していたサンプルのいくつかが、箱の中から消えていたこと……。たとえば、サンプルの消失については、こう書いている。

〈これが解析されていれば、STAP細胞としてキメラ実験に用いられていた細胞の由来が明確にわかったはずだった。(中略)STAP細胞からのテラトーマの実験も複数回行われていたが、それらのサンプルもなくなっていた〉

 もちろん、こうした主張を全部鵜呑みにするわけにはいかないだろう。実際、TCR再構成の証明がきちんとなされていないことや、テラトーマの画像取り違えなど、十分な説明をできていないことも多い。

 しかし、一方では、このSTAP細胞問題では、理研や若山氏、亡くなった笹井芳樹氏の言動にも不審な点は多く、小保方氏が不可解に感じるのももっともな部分もある。

 あのSTAP問題をから騒ぎで終わらせないためにも、若山氏にはぜひ、反論をしてもらいたいものだ。
(伊勢崎馨)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

小保方晴子氏が手記出版で反撃! STAP細胞は若山教授が黒幕、私は捏造犯に仕立てられた、と…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
3 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
8 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 財務次官セクハラが海外メディアでも
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
17 高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
19 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
20 上念司もケントと同様、加計の客員教授
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
9 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!