『新世紀エヴァンゲリオン』とブラック企業の驚くべき関係! シンジくんの「逃げちゃダメだ」が意味するものとは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
evangelion_151209.jpg
『エヴァンゲリオン化する社会』(常見陽平/日本経済新聞出版社)

 ここ20年のうちに労働環境は過酷さを増している。やりがいをエサに低賃金・長時間労働を強要し、さんざん搾取しきったら人を使い捨てるブラック企業。さらにはブラックバイトなるものが若者を餌食に……。労働者は「人材」としてつねに市場価値をはかられ、熾烈な競争を強いられている。

 じつは私たちが直面しているこうした問題を、1995年に放映されたアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』が予言していたとしたらどうだろうか?

〈ブラック企業の出現、非正規雇用の拡大、グローバル人材に対するニーズ、女性の活躍(という名の酷使)、働き方の多様化とその罠などはすべて、本作品の中で暗示されていた。(中略)労働社会は「エヴァンゲリオン化」したのだ〉

 このように主張するのが『エヴァンゲリオン化する社会』(常見陽平/日本経済新聞出版社)だ。

 では具体的に労働社会のエヴァンゲリオン化とはどういうことだろうか。そのひとつがいわゆるブラック企業の台頭とそれに対する労働者のスタンスだ。著者によれば主人公・碇シンジくんの「逃げちゃ駄目だ」というセリフこそが「職場や仕事から逃げられない時代、居場所が不安定な社会を物語っている」という。

 なるほど碇シンジが所属するネルフを「職場」として捉えたときに「ブラック」という表現はまさにふさわしい。若者(というか中学生)に成功困難なミッションを与え、駒としてとことん使い潰す。上司は口では「嫌なら帰れ」と言うものの、世界を救えるのはお前だけと洗脳しているので実際には逃げられない構造。しかし、そんな劣悪な環境にたいしてシンジ君は「逃げちゃ駄目だ」と自らを励まし、しまいには「僕はここにいていいんだ」と自分の居場所は他にないかのように思いこんでしまうのだ。

〈彼は、エヴァに搭乗することについて何度も戸惑うが、結局、TV版でも最後まで逃げなかった。しかし、劣化する労働社会、若者を使い潰す労働者会から逃げないのが良いことなのか。そんな社会に「ここにいていいんだ」と思うことができるのか。激しく疑問を抱いてしまうのである〉

 実際、若年層が減ってきた現実世界ではひとりひとりの若い労働者に課せられる負担と期待はますます重くなっている。そして大学進学率の上昇にともない、大卒であっても必ずしも就職できるわけではない時代。就職活動の激化と非正規雇用の増大。この状況に著者は綾波レイが言うところの「私が死んでも代わりはいるもの」の論理を見出す。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

エヴァンゲリオン化する社会 (日経プレミアシリーズ)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『新世紀エヴァンゲリオン』とブラック企業の驚くべき関係! シンジくんの「逃げちゃダメだ」が意味するものとは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブラック企業松本 滋の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 財務次官セクハラが海外メディアでも