夫の死後PCを開いたら不倫が発覚、FX負債が遺族にふりかかる…「デジタル遺品」めぐるトラブルが続々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
digitalihin_01_151205.jpg
『「デジタル遺品」が危ない そのパソコン遺して逝けますか?』(ポプラ社)

「終活」という言葉が使われるようになって久しい。葬儀の執り行い方や、財産分与の方法について、後々遺族が困らないようきちんと自分の意思を書き記しておくことが社会全体で推奨されている。

 そんな状況下、最近、故人のPCやスマートフォンに残されていたデータをめぐりトラブルが続出しているらしい。確かに、これら「デジタル遺品」のデータについては本人にしか分からないようブラックボックス化されているケースも多い。日本セキュリティ・マネジメント学会常任理事にして終活カウンセラーでもある萩原栄幸氏は、著書『「デジタル遺品」が危ない そのパソコン遺して逝けますか?』(ポプラ社)のなかで、自身が出会った実例をあげながら警鐘を鳴らしている。「デジタル遺品」についての取り扱いを誤ってしまったがために、自分の死後、家族を不幸のどん底に陥れてしまうかもしれないのだ。

 萩原氏がまず紹介するのは、「愛妻家」で知られた夫(仮名:徹)の死後、知らない方が幸せだった事実を「デジタル遺品」から知ってしまったエピソードだ。

 一ヵ月に一度は近場の温泉へ、そして半年に一度は遠くへ旅行に行くほど仲の良かった夫婦。しかし、夫は急な心臓発作で他界。遺品の整理も手につかぬまま時が経ち、萩原氏に遺品整理の話が来たのだという。というのも、奥さん(仮名:雅子)は大の機械オンチ。でも、パソコンのなかに入っているはずの旅行の写真を取り出したい。そこで萩原氏は「デジタル遺品」となったPCを開くことになった。

 すると、そこには怪しげなフォルダが……。そのタイトルは「シークレット」。

〈それにしても、よりによって「シークレット」という名前をつけるなんて。徹さんは、自分以外にパソコンを操作する人はいないからと油断したのでしょうか。
 フォルダを開くと、そこには「写真」と「旅先データ」というファイルがありました。「自分でやってみます」と雅子さんがまず「写真」のファイルを開いてみると……見知らぬ女性が写っている写真が何枚も、中には徹さんがその女性の肩を抱いて一緒に写っているものもあったのです。後ろには、何やら見覚えのある風景が……。
「何なの、これは! 私と一緒に行った場所じゃないの!」
 たしかに、先ほど見た雅子さんとの旅行写真とほぼ同じ。なぜなのか、その理由は「旅先データ」ファイルを開くとすぐにわかりました。そこには、雅子さんと一緒に行った時に得た、旅先の情報が書かれていたのです。たとえば、「○○温泉。泉質は硫酸塩泉で、美肌効果あり。R美には、その説明を忘れずにする」「『▲▲そば店』は店の雰囲気がいまいち。『○○そば』のほうが味もいいらしいから、R美はそちらに連れていこう」というように。
 そう、徹さんにとっては雅子さんとの旅は、不倫相手のR美さんと旅行するための「下見」だったのです〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「デジタル遺品」が危ない: そのパソコン遺して逝けますか? (ポプラ新書 は 3-1)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

夫の死後PCを開いたら不倫が発覚、FX負債が遺族にふりかかる…「デジタル遺品」めぐるトラブルが続々のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。あるある田中 教護身術の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 『ゲゲゲの鬼太郎』の戦争描写をネトウヨが攻撃
2 安倍「股関節炎は仮病」証明のゴルフ
3 綾瀬はるかが戦時化の性犯罪をレポート
4 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
5 杉田水脈がLGBT差別にほっかむりで極右集会に
6 黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
7 NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
8 『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
11 創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
12 安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
14 池上彰が嫌韓本ネタにヘイトデマ
15 安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
16 文科省が大学に「五輪中は授業やるな」と学徒動員
17 ディズニーランドでキャストがパワハラ提訴
18 北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
19 宮崎駿も鶴瓶も安倍政権にNO!
20 『報ステ』チーフPは安倍応援団とお友達か
1久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
2広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
3山本太郎と久米宏が安倍政権、原発タブー、杉田水脈を斬る
4翁長知事は最後まで安倍政権のいじめと闘い続けた
5安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
6 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
7松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
8ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
9NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
10 綾瀬はるかが戦時化の性犯罪をレポート
11安倍自民党が佐川宣寿の偽証罪告発潰し
12創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
13安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
14安倍が杉田水脈問題に「なんで騒いでるの」
15 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
16『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
17安倍の態度には長崎の被爆者代表が激怒「毎年一緒」
18安倍首相が津川雅彦に特別扱い追悼会見
19北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
20安倍「股関節炎は仮病」証明のゴルフ

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄