>  >  > 安保法反対で石田純一に圧力が…

石田純一が安保法制反対で「圧力」を受けていた…テレビ番組、CMの出演キャンセル、厳重注意も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ishida_150917_top_new.jpg
石田純一オフィシャルサイトより


 恐れていたことが現実になってしまった。

 この間、安倍政権によるメチャクチャな安保法制強行に対し、これまで政治的発言を控えてきた芸能人たちが次々と声を上げたことが大きな話題になった。そのひとりが、本サイトでも既報のとおり、9月17日の国会前デモで壇上にあがり安保反対を訴えた石田純一だ。しかしその石田に対しデモ参加後、様々な“圧力”がなされていたことが明らかになった。

「テレビ番組を3つキャンセルされました。35年の芸能生活で、こんなのは初めてです。CMもひとつなくなったし、広告代理店を通して、厳重注意も2、3社から受けました。“二度と国会議事堂にデモに行くな”“メディアの前で政治的発言をするな”ってね」

 これは昨日発売の「週刊新潮」(新潮社)10月15日号のワイド「『川島なお美』通夜でひんしゅくの『石田純一』が安保反対デモの後遺症」で、石田本人が語ったことだ。

 確かに石田の17日のデモ参加とそのスピーチは強烈なインパクトを与えたものだった。それまでも多くの芸能人が反安保を表明したが、これまで不倫や再婚などの私生活をウリにした“ナンパ男”と思われてきた石田がデモで壇上にあがり“戦争は文化ではない”と声を上げたのだ。

「絶対に、われわれは誇るべき平和を、ずーっと戦後70年、80年、100年、つづけていこうではありませんか!」
「われわれの子どもたち、孫たちがずっと平和に暮らしていけるように、この国を守るというのは、個別的自衛権でも守れるんです! なんでわざわざ、集団的自衛権が必要なのか? そんなにアメリカの機嫌が取りたいですか? アメリカは、もちろんわれわれの友だちで、同盟国ではあります。でも、やはり、間違っている、違ってる、なにかそういうことは友だちでもちゃんと言えなくちゃ、おかしいと思います!」

この記事に関する本・雑誌

週刊新潮 2015年10月15日号

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが
2 長渕剛が柳美里と南相馬の校歌を共作
3 つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
4 小池百合子の本性が!韓国人学校排除
5 成宮コカイン疑惑をテレビはなぜ報道?
6 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
7 能年玲奈への圧力の有無めぐり論争が
8 グッディ!土田マジギレ真の原因
9 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
10 反安保発言!長渕剛は右翼か反戦か?
11 カジノ法案衆院通過!献金疑惑も
12 キムタク最大のタブーとは?
13 つるの剛士が「保育園落ちた」を批判!
14 長渕剛がSEALDsに希望を見た
15 小池百合子にも政治とカネの重大疑惑
16 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
17 星野源が『逃げ恥』非難の声に反論
18 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
19 長渕剛と柳美里が原発に怒りの対談!
20 椎名林檎が“日本会議の巣窟”で講演
PR
PR
1つるの剛士が「保育園落ちた」を批判!
2年金カット強行採決で貧困高齢者が
3安倍が年金カット法案でも強行採決
4稲田朋美が串カツ屋で一晩14万
5椎名林檎が“日本会議の巣窟”で講演
6自民党が女性の社会進出否定する動き
7安倍首相はじめ内閣のデタラメ政治資金
8ASKA逮捕を見せ物にした警視庁
9カジノ法案の背後に安倍とセガサミー
12安倍政権と櫻井よしこがもんじゅ継続を
13カジノ法案強行でギャンブル依存症が
14維新が政党交付金の返還逃れ1億円!
15長渕剛が柳美里と南相馬の校歌を共作
16長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが
17能年玲奈への圧力の有無めぐり論争が
18カジノ法案衆院通過!献金疑惑も
19つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
20小池百合子の本性が!韓国人学校排除
PR
PR

カテゴリ別ランキング