寝屋川中1殺害事件でも星野くんの母にデマ攻撃…ネット上の無責任な犯人探しがつくりだす「私刑」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
netshikei_150823.jpg
『ネット私刑(リンチ)』(扶桑社新書)

 平田奈津美さんの遺体発見から9日後の21日、容疑者が逮捕された寝屋川中1殺害事件。逮捕とほぼ同時に、安否が心配されていた星野凌斗さんの遺体も発見され、事件に憤る声はさらに高まっている。

 だが、容疑者逮捕直前まで、ネット上では、とんでもないデマが渦巻いていた。それは「川崎のように不良グループの犯行か」「残忍な殺され方は怨恨が理由では」といったたんなる憶測よりも悪質な、具体的な人物を祭り上げたデマだ。

 まず、ひとつ目は、2人の姿をコンビニ前で見かけたとメディアの取材に答えていた男性。この男性は近所では「猫爺」と呼ばれる有名な存在だというが、「風貌があやしい」として彼を犯人視する書き込みが殺到した。

 そしてもうひとつは、星野凌斗さんの母親を犯人扱いしたデマだ。

 2ちゃんねるでは、母親のFacebook(現在は削除)を見た人びとが、ただ仲睦まじく息子の誕生日を祝う母親に対し「息子に執着しすぎ」といい、過去の母親の発言や、母親が「美人すぎる」こと、腕にタトゥーが入った写真をもとに「大事な息子を奪われて逆上した母親が平田さんを殺害したのでは」と“母親犯行説”を唱えはじめた。

 さらに、ただの妄想にすぎないこの情報をまとめサイトが拡散したのだが、なかでもひどかったのは「保守速報」と同様にヘイトスピーチで埋め尽くされる「News U.S」だ。

《【高槻事件】星野凌斗くんの母親星野○○(実際は実名)の正体がヤバすぎる!!! 平田奈津美さん殺害の犯人はとんでもない人物だった!!!?》
《【高槻事件】星野凌斗くん母親・星野○○(実際は実名)が犯人だった!!!? 平田奈津美さんになりすましてLINEを偽装工作してた可能性あり!!! 2ch「自転車の貼り紙がわざとらしい」》

 タイトルだけでもおぞましいが、このサイト以外でも星野さんの母親を犯人視する情報が溢れかえっていた。既報の通り、このまったく根拠がないデマ情報にのせられてメディアも母親を犯人視して取材を進めていたというのだから、呆れを通り越して怒りさえ覚える。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ネット私刑(リンチ) (扶桑社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 籠池「昭恵夫人に適時報告していた」
2 ノブコブ徳井が復讐目的で小説を発表!
3 小林よしのりが国会で共謀罪に反対
4 恩田陸が新作小説でナショナリズム批判
5 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 今村更迭は、安倍首相に謝罪させたから
8 籠池氏と財務省の面談音源が明らかに
9 ブルマーが強制された意外な理由とは
10 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
11 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
12 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
13 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
14 安倍政権の独裁国家並み情報隠蔽やり口
15 ガンバ大阪「ナチス旗」問題を取材検証
16 自衛隊とカールビンソン共同訓練の裏
17 室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
18 辞任!今村復興相の差別的本質は最初から
19 浅田真央引退会見のNGワード
20 秋篠宮家の料理番がブラック告発
PR
PR
1玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
2オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
3「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
4室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
5ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
6安倍が北朝鮮危機煽りつつ桜を見る会
7キノコや筍を採るだけで共謀罪
8講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
9籠池氏と財務省の面談音源が明らかに
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11安倍政権の独裁国家並み情報隠蔽やり口
12今村更迭は、安倍首相に謝罪させたから
13安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
14グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
15稲田が自衛隊と米空母の訓練を秘密に
16「共謀罪」にアジカン後藤らが反対の声
17北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
18有村治子議員がNHKに言いがかり
19三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ!
20安倍政権が自衛隊の対北武器使用指針
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」