人気沸騰! 斎藤工が「どこへ行っても壁ドン」「一発屋芸人みたい」と居心地の悪さ吐露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
saitoutakumi_150415.jpg
フジテレビ『医師たちの恋愛事情』オフィシャルサイトより

『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)で上戸彩演じる主婦と不倫に溺れる理系教師を演じ、「エロ過ぎる!」と女性を中心に話題を集め、一躍ブレイクした斎藤工。現在も『医師たちの恋愛事情』(同)にテレビドラマ初主演を果たし、当代きってのセクシー俳優として注目されている。

 といっても、ドラマでの扱いは完全に“エロ要員”。物語の舞台は利益と権威が優先される大学病院だが、“白い巨塔”要素を織り交ぜつつも、ハイライトは傷ついた先輩外科医を演じる石田ゆり子を濡れた瞳の斎藤が後ろから抱きしめる……というものだった。しかしそこは、マツコ・デラックスに「性器みたいな顔」(フジテレビ系『アウト×デラックス』にて)と言われた斎藤の面目躍如。世の女性視聴者からは「キュンキュンしたー」「斎藤さん、存在がエロい」と高評価で、今後は壁ドン・床ドン・顎クイといったあざとい演出が登場する気配がすでに濃厚だ。

 だが、こうした世間の評価に対し、斎藤の心情は複雑なようだ。

「ぼく、いま変な“セクシー俳優”みたいな冠がついちゃって、もう居心地が悪くてしかたないんですよ」

 斎藤がこのように本音を洩らしたのは、先日放送された『さんまのまんま』(関西テレビ)でのこと。さらに、さんまが「あ、嫌なのか!」と水を向けると、斎藤はさらにこうつづけた。

「嫌ですねえ。どこへ行っても“壁ドン”してくださいって言われて。だから、一発芸がたまたまヒットした来年消える芸人みたいな」

 たしかに3月にも『ヨルタモリ』(フジテレビ系)に出演し、宮沢りえ相手に壁ドンを実践していたが、その様子は手持ちの一発ギャグを披露するピン芸人のようであった。今年のはじめにはドラマの会見で「僕の枠は多分、男版壇蜜さん。そういう仕事が多くて、職業がわからなくなってきました」とも答えていたが、こうした状況を斎藤は「(役者として)15年やってるんですけど、無視されてきた時代が長かったので。人に注目されても、もう、一過性にしか見えないというか」と不安らしい。

 そもそも、昨年マツコに“顔面性器”と言われた段階では「最高の表現をいただいた」「ここぞというときに使おうと思っています」(光文社「女性自身」2014年9月16日号インタビューより)と、セクシーの代名詞を切り札にしたいと語っていた斎藤。どうやら斎藤の思惑以上に消費のスピードは早く、半年ですでに芸能界によってカードが切られてしまい、もはや“壁ドン芸人”になった境地に立っているらしい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

昼顔~平日午後3時の恋人たち~ Blu-ray BOX

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気沸騰! 斎藤工が「どこへ行っても壁ドン」「一発屋芸人みたい」と居心地の悪さ吐露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラ壁ドン大方 草斎藤工の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画