>  >  > 放射能汚染!最も危ない野菜、魚、肉

【特別企画】3・11を風化させるな! 被災地で原発で何が起きているのか

原発事故から4年、食品の放射能汚染が進行中! 危険度MAXの野菜、肉、魚は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
taberu_150310.jpg
『食べる? 食品セシウム測定データ745』(ちだい/新評論)

 あれから4年。原発再稼働に前のめりな安倍政権によって、福島原発事故はすっかり隠蔽されてしまった。多くの国民の関心事だった食品の放射能汚染も、今やすっかり忘れ去られてしまったかのようだ。

 だが、食品汚染は事故直後とは違った形で、まるで底なし沼に引きずり込まれるかのように深く、静かに進行している。

 たとえば、「東京新聞」は今年2月20日付の紙面で千葉、茨城の水郷地帯の湖沼のおそるべき汚染の実態を報じている。記事によれば千葉県の手賀沼、印旛沼、茨城県の霞ヶ浦、牛久沼の32カ所で底土を採集しセシウムの濃度を計測。その結果、手賀沼では1キロあたり1000ベクレル超もの結果が出た箇所もあったという。空間線量は低くても、汚染された雨水などが川に流れ、沼に溜まり続けるのだ。そして汚染された湖沼などで捕れた淡水魚からは、現在でも100ベクレルを超えるセシウムが検出されているという。

 また「AERA」(朝日新聞出版)3月9日号にも、食品汚染に関するショッキングな記事が掲載されている。

「放射性物質の半減期を踏まえると、この4年間で、空間線量は56%減少した。しかし、いまだに食べ物からは、東日本の広い範囲で基準値を超える値が検出されている」

 特に顕著なのが、鹿、猪などのジビエ、原木シイタケなどの野生キノコ、イワナ、ワカサギなどの淡水魚だ。北関東ではもちろん、原発から300キロ以上離れた静岡県富士市でも360ベクレルものハナイグチ(きのこ)が確認されているという。

 だがこうした検査で流通前に汚染が分かるのはマシな方かもしれない。「AERA」では自治体の検査体制に問題があると指摘する研究者のこんなコメントが掲載されている。

「北関東の『道の駅』や自家野菜直売所などで販売されているキノコ類の放射性セシウムの濃度を検査すると、基準値を超えることは珍しくないという」

 こうした事態が起きるのは、自治体の測定回数が少なく、危機意識が低いからだ。水産物も同様で、同誌は「水産物の汚染で本当に怖いのは、底土などの汚染が時間の経過によって魚や貝の体内に蓄積することだ」と警鐘を鳴らす。

 これら体内に取り込まれた放射性物質は、生物濃縮により海水の濃度と比べてより高濃度となる。それは時に海水の68倍(ヒラメ)、122倍(カツオ、ブリ)にまでなるという。

 時間が経つにつれ、汚染されるルートやその種類に変化が現れているのだ。

 では、スーパーなどで流通している野菜など、私たちが日常口にする食品はどうなのか。自治体や企業で調査は行われているが、多くはサンプル検査で月に1回程度。絶対に安全というレベルではなく不安を覚える人もいるだろう。また事故後の様々な調査によって、セシウムが取り込まれやすい食物とそうではない食物があることも徐々に判明しつつある。こうした傾向を知ることもひとつの自衛手段になる。

 その参考になるのが2013年に刊行された『食べる? 食品セシウム測定データ745』(ちだい/新評論)だ。本書では745もの食品についての調査や、注意点などが書き示されており、それを見ると気をつけるべき食品と、比較的安心な食品が存在することが分かる。

この記事に関する本・雑誌

食べる?-食品セシウム測定データ745

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
2 能年玲奈に前事務所が「本名、使うな」
3 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
4 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
5 小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
6 瀬戸内寂聴がさらに激烈安倍批判
7 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
8 自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
9 小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
10 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
13 浅田真央の父逮捕にマスコミ沈黙
14 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
15 大橋巨泉が遺言で安倍晋三を痛烈批判!
16 水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
17 秋篠宮家の料理番がブラック告発
18 復帰の能年玲奈に事務所が妨害工作
19 芥川賞村田沙耶香の問題作『殺人出産』
20 現役ヤクザが安保法制を批判!
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
3生前の永六輔が自民改憲草案を痛烈批判
4安倍が膳場や池上にもらした改憲の本音
5それでも石田純一の勇気を讃えよ!
6石田純一の会見で官邸がテレビを牽制
7参院選“改憲隠し”はテレビも同罪!
8米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
9日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
10鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
11安倍の御用TVが早速「改憲は必要」
12 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
13「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
14小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
15小池百合子は“女性の味方”じゃない!
16自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
17大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
18自民が新聞・テレビに違法広告ゴリ押し
19選挙特番がボツにした日本会議のテープ
20水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」