>  >  > キムタク最大のタブーが解禁なるか?

SMAPキムタク最大のタブーいよいよ解禁か? テレ朝連ドラ初主演が引き金に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kimutaku_01_150216.jpg
木村拓哉(42)の“最大のタブー”がついに!?……

 ついに、あのキムタクがパパ役を解禁──。4月スタートのドラマに木村拓哉が主演することが本日発表された。木村が今回、主演作に選んだのは、1997年から98年にかけて「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載され、2004年にもNHKが時任三郎主演でドラマ化した石坂啓のマンガ『アイ'ム ホーム』だ。このドラマで、木村は証券会社に勤務するサラリーマンを演じる。原作マンガでは銀行マンの設定であるため、「キムタクで『半沢直樹』の二番煎じか」と見られていたが、その点は変更されたようだ。

 木村といえば近年、連続ドラマは年に1本、TBSの「日曜劇場」21時枠かフジテレビの月9をローテーションで主演を張ってきたが、今回はテレビ朝日の木曜21時枠。本来なら今年はTBSの年だが、長年の付き合いがあるTBSを見切って、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』で高視聴率を記録したこの枠に乗り換えた格好だ。裏を返せば、それほど木村は追い込まれているという証拠だろう。

 というのも、昨年の『HERO』(フジテレビ系)は手堅く高視聴率を保持したが、ヒットドラマの続編という過去の栄光にすがったようなもので、最近はずっと不作つづき。『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』(フジテレビ系/12年)はなんとか平均視聴率20.1%とギリギリ大台を守ったが、『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBS系/13年)は平均12.7%という悲惨な数字を叩きだし、「これでキムタク神話も終わった」と囁かれた。つまり、今回のドラマはキムタクの真価が問われる、絶対に外せない作品なのだ。

 もはや背水の陣の木村だが、TBSを裏切って好調のテレ朝を選んだだけではなく、じつはもうひとつ、大きな賭けにでている。それは、このドラマでこれまで頑として演じてこなかった“ヒューマン路線の父親役”に挑戦するからだ。

 木村は過去に『華麗なる一族』(TBS系/07年)で父親役を演じたことはあるが、とはいえこれは父との確執がメインテーマで、かつ60年代の財閥一族の物語という現実離れした設定だった。しかし、テレ朝のドラマ原作である『アイ'ム ホーム』の主人公はバツイチの子持ちで、かつ再婚相手とのあいだにも一児をもうける男性。「帰るべき家とは何か」を問いかけるホームドラマだ。

『アイ'ム ホーム』の物語を紹介すると、主人公は家路久(いえじ・ひさし)という几帳面な男性。久は5年前に単身赴任先で窓を閉め切って七輪でモチを焼いてしまい、一酸化酸素中毒に。その事故によって、一命を取り留めたものの縞状記憶喪失になってしまう。記憶がとぎれとぎれで、古いことは覚えているが新しい記憶は思い出せない状態だ。そのせいで、一緒に住んでいる妻の顔も息子の顔も能面が張り付いたようにしか見えず、愛情をもてない。

 さらに、現在の妻は再婚相手で、過去には別の女性と結婚し、娘もいる。何らかの事情で前妻と離婚し、いまの妻と結婚したはずなのだが、しかし久にはその理由がまったく思い出せない。そればかりか、離婚した妻と娘こそがほんとうの家族であるような気持ちが抜けずにいるため、うっかり前妻がいまも住む過去の家に帰ってしまったりするのだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
2 吹石一恵の音痴エピソード
3 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
4 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
5 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
6 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
7 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
8 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
9 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
10 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
11 トランプ以前から米は日本を守る気ない
12 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
13 キムタク最大のタブーとは?
14 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
15 「不倫学」が教える防止策とは?
16 M1準優勝・ハリガネロック解散の真相
17 安倍政権が“国策映画”計画へ
18 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
19 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
5トランプのマスコミ排除は日本でも
7原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
8デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
9アパホテルのトンデモ極右思想の正体
10安倍政権が“国策映画”計画へ
11SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
12今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15安倍政権が国民を騙す「偽装改憲計画」
16『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
19佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」