ノーベル平和賞最年少受賞マララの知られざる二つの顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
malala_01_141017.jpg
 『わたしはマララ』(学研パブリッシング)

 今年のノーベル賞の授賞式が行われた。なかでもひときわ大きな注目を集めたのが、ノーベル平和賞を史上最年少の17歳で受賞したマララ・ユスフザイだろう。受賞スピーチでは「どうして『強い』といわれる国々は戦争を生み出す力がとてもあるのに、平和をもたらすにはとても非力なの?」「なぜ戦車を作ることは簡単で、学校を建てることが難しいのか」と少女らしい率直さで訴えつつ、「いまだに弟とケンカしてるのにノーベル平和賞」と冗談も交え笑いをとるなど、あらためてその聡明さを印象づけた。

「すべての子どもが学校で学べるように」マララの訴えは普遍的なものだが、一方で「欧米の広告塔ではないか」といった批判にもさらされている。しかし、彼女の発言をきちんと見れば、マララが単に欧米にかぶれているだけではないことはよくわかる。

 たとえば今回の受賞スピーチでも、こんなふうに語っている。

「今は、指導者たちにいかに教育が大切か、わかってもらおうと話すときではありません。彼らはすでにわかっています。自分たちの子どもは良い学校に通っているのです。今は彼らに行動を求めるときなのです、世界中の子どもたちのために」
「なぜ世界の指導者たちは、途上国の子どもたちには読み書きなど基礎的な能力があれば十分、という見方を受け入れるのでしょうか。自分の子どもには、代数や数学や科学や物理の宿題をさせながら」

 こうした発言を読めば、彼女が欧米の価値観に影響されイスラム社会を批判しているわけではなく、欧米に対してもまた批判的であることがわかる。彼女が目指しているのは、欧米化などではない。先進主義諸国も含めた世界全体のあり方の変革を訴えているのだ。

 マララが本当に目指しているものは何か。日本ではあまり報じられることのない、マララの意外な一面を「マララは欧米の手先ではない! 実は革命を目指す社会主義者だった!」「ノーベル平和賞マララが意外とミーハーでかわいい!」と題し、本サイトでは報じている。以下に再録するので、ご一読いただきたい。
(編集部)

……………………………………………………………

▽マララは欧米の手先ではない! 実は革命を目指す社会主義者だった!

 マララ・ユスフザイは、女性や児童が教育を受ける権利を訴え、イスラム武装組織タリバンに銃撃され命を危うくする状況におかれてもその主張を貫いていることで、世界中から支持を集め、ノーベル平和賞を史上最年少で受賞した。

 一方、これに対してネット上では、マララは、CIA工作員、イスラエルの支援を受けている、イルミナティのメンバー……などなど、各種の陰謀論が飛び交っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

わたしはマララ 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ノーベル平和賞最年少受賞マララの知られざる二つの顔のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ノンフィクション文学編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 美智子皇后がトランプとの面会に難色
2 安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
3 マツコがLGBT発言を封印した理由
4 レコ大責任者がバーニング周防社長を告発
5 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
6 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
7 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
8 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
9 たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
10 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
11 安室奈美恵ベスト盤にも奴隷契約の影が
12 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
13 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
14 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
15 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
16 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
17 稲垣、草なぎ、香取と日本財団の関係
18 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
19 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
20 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
1国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
2加計学園で設置審委員が内情暴露!
3安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
4日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
5義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
7安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
8欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
9安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
10鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
11内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
12 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
13マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
14安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
17「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
18日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
19JASRACが坂本龍一を騙しうち!
20『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」