朝日新聞の次は『報道ステーション』がやられる!? 古舘降板、番組終了も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hurutachi_140715.jpg
テレビ朝日『報道ステーション』HPより


 次のターゲットはどうやら『報道ステーション』らしい。朝日新聞バッシングがなかなかおさまらない中で、今度は系列のテレビ朝日の看板番組『報ステ』とキャスターの古舘伊知郎が激しい批判にさらされ、安倍政権からのプレッシャーで番組打ち切り、古舘の降板までが取沙汰される事態になっているのだ。

 始まりはその朝日問題、慰安婦報道の検証番組をめぐる批判だった。朝日新聞が吉田証言の撤回を掲載してから一カ月以上も「報ステ」がこの問題にふれなかったことで「逃げているのか」という批判の声が巻き起こり、9月11日に検証番組が放映されると、今度は内容に対して「謝罪していない」「開き直り」と苦情が殺到した。

 さらに決定的だったのが川内原発問題だ。慰安婦検証番組放映前日の9月10日、『報ステ』は原子力規制委員会が鹿児島県の川内原発再稼働に事実上のGOを出す判断をした問題を取り上げ、規制委の田中俊一委員長の会見での受け答えを紹介したのだが、その中で、「竜巻のガイド(審査基準)を修正した」ことを「火山のガイド(審査基準)を修正した」と間違って報道した。

 また、「(川内原発は)火山活動の影響が及ばない」と判定した問題で、田中委員長は記者の質問に回答していたのに、同じ質問の繰り返しに「答える必要がありますか? なさそうだから、やめておきます」と拒否した部分だけを放映したことが判明。「反原発の方向へもっていこうと恣意的に編集した」というバッシングが巻き起こったのだ。

『報ステ』は翌々日に番組で古舘が謝罪し、9月30日にはテレビ朝日の吉田慎一社長が謝罪したが、問題はそれではおさまらず、BPOの審議対象になった。

 しかし、これらのバッシッングは、明らかに過剰反応というべきものだ。まず、慰安婦報道の検証についてはたしかに『報ステ』は放映まで時間がかかったものの、そのぶんかなり丁寧な取材をしており、50分という異例の長さで放映。内容も厳しい朝日批判をしたうえで、吉田証言とは別に慰安婦の広義の強制性があったことを指摘するなど、毅然したものだった。『報ステ』への苦情、批判はイチャモンに近く、右派団体などの組織的攻撃である可能性が高い。

 また、川内原発問題をめぐる報道で「竜巻」を「火山」に取り違えたのはよくあるイージーミス。田中委員長発言の編集についても、「報ステ」記者が「専門家が『わからない』といっている火山リスクを規制委が『ない』とするのはおかしい」と質問しているのに、田中委員長が官僚的な答弁しかしないため、業を煮やした記者が角度を変えて質問を繰り返したところ、田中委員長が「答える必要ありますか」と打ち切ったもの。編集で強調したとはいえ、田中委員長が記者の追及にきちんと答えなかったのは事実であり、趣旨を歪めたわけではない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

TVニュースのタブー 特ダネ記者が見た報道現場の内幕 (光文社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

朝日新聞の次は『報道ステーション』がやられる!? 古舘降板、番組終了ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。エンジョウトオルテレビ朝日原発圧力の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 テレ朝元社長が安倍と癒着する現幹部を批判!
2 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
3 今井絵理子「批判なき政治」の危険性
4 NHK国会中継は政治部=官邸が判断
5 『ハクソー・リッジ』沖縄隠しの理由
6 獣医学部の全国展開で安倍と菅がさらに
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 中居ジャニーズ残留とキスマイ
9 前川前次官が田崎スシローを批判!
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 稲田朋美「子ども手当を軍事費に回せ」
12 北ミサイル対策CMに茂木健一郎が批判
13 オードリー若林が新自由主義に違和感
14 百田尚樹の韓国ヘイト本がヒドい!
15 安倍「獣医学部の全国展開」で大混乱が
16 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
17 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
18 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
19 NHKクロ現スクープの裏事情
20 SMAP3人テレビ追い出し作戦の手口
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1NHK『クロ現』が総理圧力の証拠報道
2前川前次官が田崎スシローを批判!
3北ミサイル対策CMに茂木健一郎が批判
4文科省天下り問題の裏には官邸が
5安倍首相は「反省」などしていない!
6安倍首相はこれだけウソをついてきた!
7安倍「獣医学部の全国展開」で大混乱が
8萩生田の答弁は嘘、安倍、加計とBBQ
9クロ現報道、文書への官邸の反論が酷い
10追悼…野際陽子が語った戦争の悲惨
11共謀罪強行成立に著名人たちが怒りの声
12安倍官邸VS文科省が全面戦争に突入
13NHK国会中継は政治部=官邸が判断
14林真理子が文春で山口敬之問題に言及!
15文科省女性官僚にネトウヨがデマ攻撃
16安倍側近・萩生田が「加計ありき」の指示!
17共謀罪強行成立をテレビがスルー!
18NHKクロ現スクープの裏事情
19SKY-HIが共謀罪批判ラップを発表
20森友強制捜査で検察が国有地問題スルー
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」