乃木坂だけじゃない!あの大物も!編集者と芸能人の熱愛・不倫列伝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nogizakamatsumura_01_141014.jpg
熱愛スキャンダルが発覚した乃木坂46の松村沙友里(乃木坂46公式サイト「メンバー紹介」より)


 恋愛は御法度のはずなのに次々とスキャンダルにまみれて行くAKB48。今度は、その姉妹グループの乃木坂46の人気メンバー・松村沙友里のスキャンダルが「週刊文春」(文藝春秋)10月16日号でスッパ抜かれた。松村と30代の男性が、新宿の小さな公園で熱烈な路チューを繰り返し、翌週、翌々週もデートを重ねていたと報じられたのだ。

 しかも、松村のお相手は大手出版社・集英社の編集者で、妻子持ちだった。清純・清楚をウリにブレイクし、今年の紅白初出場も視野に入っている乃木坂にとって初のスキャンダル。密会・路チューだけでも痛いが、“不倫”というのは相当なダメージだ。また、相手の編集者が今春まで「ヤングジャンプ」に在籍しグラビアを担当していたことから、“枕営業”の可能性も取りざたされる事態となった。
 
 松村は「男性とはナンパで知り合い、妻子持ちなのはもちろん素性や名前も知らなかった」などと釈明したが、そんなことを信じる人は誰もいないだろう。相手の編集者・S氏がグラビアを担当していた「ヤングジャンプ」で、乃木坂46は表紙に登場したこともある。松村は白石麻衣らと並び「御三家」と称される中心メンバーの1人。無名メンバーならともかく、知らないなら逆にグラビア編集者失格だろう。当然、仕事上で知り合ったと考えるのが普通だ。

 しかしいくら仕事上の接点があるとはいえ、今をときめくアイドルが、オワコンともいわれる出版社の編集者と不倫の恋におちるとは……。だが、編集者という職業は意外に芸能人にモテるらしい。これまでも、芸能人と浮き名を流した編集者はけっこういる。

 最近では、ビッグダディの元嫁・美奈子の告白本『ハダカの美奈子』(講談社)を担当した「フライデー」(同)の編集者・O氏と美奈子の不倫関係が報道された。二人とも関係は否定したが、この編集者は報道の少し後、妻と離婚している。

「O氏はすごいモテ男で、その『ハダカの美奈子』で美奈子役を演じたオセロ中島知子とも親密になり、女性週刊誌に写真を撮られたという話があります。その記事はなぜかオクラ入りになったようですが」(週刊誌記者)

 また、米倉涼子が昨年、「フライデー」された“年下恋人”も元編集者だった。

「この男性は現在、フリーですが、リクルートの『R25』出身で、米倉とつきあい始めた頃は『ホットペッパー』の編集長だった。その後、米倉のすすめでフリーになったといわれています」(同)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

乃木坂だけじゃない!あの大物も!編集者と芸能人の熱愛・不倫列伝のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。乃木坂46出版業界市橋乙葉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!