吉高&嵐の紅白司会決定に、カップル萌えの“カプ厨”たちが歓喜!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yoshitakaninomiya_01_141010.jpg
今年の紅白司会は吉高由里子と嵐に決定!吉高とニノの絡みに熱い期待がかかる!?


 先程NHKが会見を行い、今年の第65回紅白歌合戦の司会を女優の吉高由里子と嵐がつとめることを正式発表した。高視聴率を獲得した朝ドラ『花子とアン』の主演をつとめあげた吉高は“初司会でほぼ内定”と見られてきたが、決定した嵐との共演に、ネット上は大盛り上がり。なかでも、「吉高ちゃんとニノの絡みが楽しみ~」「吉高ちゃんのお世話はニノが適任かも(笑)」と、吉高と二宮和也の共演に期待する声がTwitter上にあふれている。

 嵐は熱狂的なファンを抱える大人気グループ。女優との共演に嫉妬心を露わにするファンが多いのではと思いきや、吉高×ニノに歓喜するのはなぜなのか。それは、この2人が“カプ厨”なる人びとから支持を集めているカップリングだからだ。

 はたして“カプ厨”とはいかなる現象なのか? 以下、この機会にカプ厨について取り上げた記事を再録したいと思う。ちなみに嵐といえば、熱愛も噂される松本潤と井上真央も人気の高いカップリング。井上は来年の大河ドラマ『花燃ゆ』で主演するため、紅白でも審査員をつとめるのは確実で、こちらの絡みも期待を集めているようだ。(編集部)

……………………………………………………………

 ドラマ『花より男子』(TBS系)での共演以降、たびたび噂になってきた井上真央と松本潤。そんな2人の深夜個室焼肉デートが「FRIDAY」(講談社/5月16日号)に掲載された。

 しかし、この報道で意外だったのはファンからの反応だ。ジャニーズタレントに女性関係の話が出ると、普通はファンから「やめてほしい」「絶対ウソ!」といった発狂寸前の悲鳴や、相手の女性に対する「マジキモい」「死ねばいいのに」といった罵倒が山のように噴き出てくるのもの。ところが、今回はそれがほとんどなく、むしろ歓喜しているファンの方が圧倒的に多いのだ。

「結婚あるな。お似合いの彼氏彼女」「この2人なら祝福できる!」「もはやこのスキャンダルは事実であってほしいし、そのまま結婚してほしいわー!」 ネットでは、こんな好意的な意見が大多数を占め、ファンのあいだで2人は公認のカップリングになっている。

 いや、それどころか2人を"真央潤"と呼び、妄想を繰り広げるファンまで多数登場。なかには、2ショットのラブラブ写真だけを集めた動画をアップしたり、雑誌やテレビ、ラジオでの2人のやりとりをつぶやくbot、告白のシチュエーションや結婚して自宅でくつろぐ2人など、どこまで話を広げるんだ的妄想小説を書き綴る人も……。

 実は最近、こんなふうに自分がお似合いだと思う2人をカップリングして楽しむ"カプ厨"が増えているらしい。たとえば、二宮和也と吉高由里子もそう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

吉高&嵐の紅白司会決定に、カップル萌えの“カプ厨”たちが歓喜!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。吉高由里子紅白編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画