“サブカル女優”二階堂ふみが小説連載を開始! その筆力と文化度を検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nikaidoufumi_141006.jpg
二階堂ふみオフィシャルサイトより


 現在、若手のなかでひときわ熱い注目を浴びている女優、二階堂ふみ。NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』では、豊臣秀吉から寵愛を受ける茶々(淀君)の“小悪魔ぶり”を表現し、映画でも『私の男』『渇き。』と注目作に立て続けに出演。なかでも『私の男』は10代にして大胆な濡れ場を演じて話題を呼んだが、11月公開予定の『日々ロック』では一転、キラキラのトップアイドル役を演じるという。

 このように群を抜いた演技力でいまや引く手あまたの二階堂だが、一方で芸能界を代表する“サブカル女子”としても有名。セックス・ピストルズのジョン・ライドンをこよなく愛していたり、親交のあるOKAMOTO'Sのアルバムにコーラスとして参加するなど音楽にも明るく、さらにTwitterでオススメの本を尋ねられて、「室生犀星の『性に目覚める頃』今のところ1番好きです。」と答えたり、好きな作家に泉鏡花を挙げるなど、いちいち文化系のツボを押さえまくる“筋のよさ”に、サブカル男子&おじさんたちは歓喜。他方、現在通っている慶應義塾大学では「テニスの王子様サークル」に所属しているという腐女子的な一面も“幅の厚さ”を感じさせる。

 そんな二階堂が新たに挑戦しているのが、小説の執筆だ。「小説新潮」(新潮社)10月号からスタートさせた連載では、なんと「毎回一冊の本を取り上げ、そこから触発されて生まれた物語」を綴っている。いわば“書評小説”ともいえるものだ。

 なにせ、近親相姦というタブーを描いた桜庭一樹の『私の男』を中学生にして読み込んでいたという二階堂。しかも、出演した『脳男』の撮影中エピソードとして「みんな死ねって思ってました」と答えたり、インタビューで「もっと変態と仕事がしたい」「かくいう私も変態です」と言い出すなど、かわいいルックスに似合わぬ奔放な発言と毒舌で鳴らす彼女なだけあり、どんな刺激的な小説を描くのかと否が応でも期待は高まる。だが、掲載された小説は、そんな思惑を大きく裏切るものだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

“サブカル女優”二階堂ふみが小説連載を開始! その筆力と文化度を検証のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん二階堂ふみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 『バイキング』が謎の米山新潟知事叩き
2 朝鮮総連銃撃とヘイトデモの関係
3 三浦瑠麗が正論賞受賞であっち側の人に
4 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
5 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
6 昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
7 石原さとみドラマが山口敬之疑惑を扱う
8 昭恵夫人が怪しい投資商法の広告塔に
9 三浦瑠麗が公安も失笑のフェイク拡散
10 「アベ政治を許さない」と書いた金子兜太
11 裁量労働制データ捏造に続き隠蔽も!
12 ヘイト出版の晋遊舎が道徳教科書参入
13 三浦瑠麗“大震災時に迫撃砲”もフェイク
14 綾瀬はるか「夢は世界平和」をバカにするな
15 裁量制データ捏造に安倍が開き直り
16 ブルゾンちえみが松本人志をディスった
17 SEALDs奥田が古市にグサリ一言!
18 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
19 ホテルに潜伏、佐川国税庁長官の卑怯
20 安倍政権の裁量労働制データ捏造が確定
1綾瀬はるか「夢は世界平和」をバカにするな
4安倍首相が朝日新聞めぐる答弁で大嘘!
5子供?安倍がFacebookで朝日攻撃
6FLASHが15年前に山口敬之の披露宴
7ホテルに潜伏、佐川国税庁長官の卑怯
8 羽生の金に安倍首相がさっそく便乗
9産経が菅官房長官発言を捏造
10 裁量制データ捏造に安倍が開き直り
11安倍政権の裁量労働制データ捏造が確定
12裁量労働制データはミスじゃなく捏造!
13下町ボブスレー補助金に安倍が介入か
14石原さとみドラマが山口敬之疑惑を扱う
15ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
16ヘイト出版の晋遊舎が道徳教科書参入
18平昌とは真逆、東京五輪の演出家がひどい
19昭恵夫人が怪しい投資商法の広告塔に
20裁量労働制データ捏造に続き隠蔽も!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」