スターリンのパラノイア、ケネディの異常性欲…歴史の裏に“病”あり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
igakutantei_01_140926.jpg
『医学探偵の歴史事件簿』(岩波新書)

 歴史上の人物、特に有力政治家や王室など、絶大な権力を持つ人々が重大な病気に罹れば、それは彼らの個人的な問題を超え、時に世界中にまで影響力を及ぼす。そのため、疾患を持った有力者たちはそれを隠蔽し、健康でパワフルな指導者として立ち振る舞おうとすることも珍しくはない。

さらに歴史的人物の行動の裏には、彼らが患った病気が深く関わり、そのことが歴史さえを変えてきたという。彼らと病気との関係とは一体どのようなものなのか。神経内科医師でもある小長谷正明氏による『医学探偵の歴史事件簿』(岩波新書)から具体的に紹介してみたい。

 たとえば、史上最年少で米国大統領となったジョン・F・ケネディ。彼の健康問題については現在でも様々な検証が加えられているが、腰痛の持病を持っていたことはあまりに有名だ。

 しかしケネディの病は腰痛だけではなかったという。副腎方のホルモン分泌が不十分で、度重なる腰痛の手術もこのことが原因で上手くいかなかったというのだ。さらに甲状腺低下症もあり、ホルモン製剤の処方もされ、難病である「アジソン病」ではないかとも疑われた。ケネディの病気は敵対勢力によりネガティブキャンペーンとして活用されもした。

 だがなによりも興味深いのは、ケネディの病気の性格だ。

「副腎皮質機能低下症にしろ、甲状腺機能低下症にしろ、ましてやその合併症だとしたら、ホルモン不足で性欲が消退するはずだが、マリリン・モンローなどの華やかな女出入りはなんなのだろう」(同書より)

 他にもオードリー・ヘップバーンやソフィア・ローレンなど、彼と“噂”になった女優は枚挙にいとまがない。青年時代、海軍士官時代、そして大統領就任後も一貫して数々の女性とベッドインしたと言われるケネディ。その“性欲”は現代医学でも不可思議なものであるらしい。

 お次はホロコーストであまりに悪名の高いアドルフ・ヒトラーの場合。実は、彼は「パーキンソン病」の発症が疑われているという。残された動画などで手の震えが確認でき、また当時のベルリン大学教授からの証言もあるらしい。

 また震えや歩行障害のため、コカインを投与されていたというから驚きだ。ユダヤ人絶滅計画はコカイン中毒者が生み出した “妄想 ”だったのだ……といのはさすがに暴論だが、彼は「生きるに値しない命」として、精神障害や認知症老人、末期結核患者の安楽死を実行するなど、病人への差別を剥き出しにしていた。そのなかに自身も患うパーキンソン病の者も含まれていたのだから、皮肉としか言いようがない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

医学探偵の歴史事件簿 (岩波新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

スターリンのパラノイア、ケネディの異常性欲…歴史の裏に“病”あり!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヒトラー林グンマ歴史観の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
11 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
12 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13 原発広告に文化人や芸能人が
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画