>  >  > オシャレ業界のブラックな実態

月収11万、自腹購入、枕営業…オシャレ業界のブラックすぎる実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kirakira_01_140827.jpg
「週刊金曜日」8月22日号(金曜日)

 その名も「キラキラ系」業界──。ヘアサロン、ファッションなど、若い女性がお金を費やし、自らもその世界で働きたいと憧れるオシャレ業界のことだ。

 しかし、キラキラ系業界の輝きは若者にとってまばゆいが、その実、労働環境はかなりブラックらしい。「週刊金曜日」(8月22日号/金曜日)特集「夢とやりがいに潜むワナ キラキラ系業界の裏側」はこうしたキラキラ系業界のブラックな闇に迫っている。まずは特集記事「おしゃれ願望を煽り倒す ファッション業界狂騒曲」では渋谷などのセレクトショップで働くアパレル(衣服)販売員の日常を取り上げているが、彼女たちは夜の副業が当たり前だという。

「19歳から26歳までの販売員の平均月給は約15万8000円だった。当然これでは生活はままならない。こうした販売員たちが副業に選ぶのが、キャバクラやガールズバーなどの“夜の世界”である」(同特集より)

 平均月給が低い上に、アパレルブランドでは、店舗と販売員個人に売上目標が課せられている。その数字を達成できない場合は、自腹でその商品を買わなければいけない、という「大手アパレル会社でも行われている違法な業界慣習」があるために、“夜の世界”でも働かざるをえなくなるのだ。

「セレクトショップなどを全国的に展開し、年商600億円を超えるアパレル大手の(株)クロスカンパニーでは、2009年に入社一年目の女性店長が極度の疲労とストレスで死亡し、過労死認定を受けている。この女性も売上目標を達成するため、自腹で月5万円以上の商品を購入することが頻繁にあった」(同特集より)

 こうした行為は、もし、給料からの天引きがあれば労働基準法24条(賃金の全額支払い)、毎月買わされているならば労基法16条(損害賠償予定の禁止)違反の可能性もあるという。「上司から『今月売上が少ないから買ってよ』とお願いされ、一度給料をもらってから買ったとしても、上下関係があるのでパワハラにあたる可能性がある」(同特集より)と弁護士が解説する。

この記事に関する本・雑誌

なぜ私たちは、喜んで“資本主義の奴隷"になるのか?

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
2 森山農水相らの賄賂疑惑にテレビが沈黙
3 参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
4 広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
5 『朝生』を自民公明議員がドタキャン
6 戦争に翻弄された悲劇のプロ野球選手たち
7 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
8 大手メディア参院選情勢調査の結果は
9 山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
10 「全国高校生未来会議」仕掛人に新疑惑
11 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
12 「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
13 乙武別居で障碍者への偏見報道が
14 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
15 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
16 田中ともえが安保法制で夫婦喧嘩
17 宇野常寛が舛添イジメ批判
18 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
19 百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
20 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2フジロックに政治を持ち込むなというバカ
3安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
4文春が東京五輪を!電通元専務に金
5参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
6稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
7報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
8山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
9安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
10安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
11「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
12NHKディレクターが語る原発報道圧力
13大手メディア参院選情勢調査の結果は
14党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
15舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
16安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
17百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
18五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
19安倍のPR動画パロディを自民党が削除
20日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」