杏と父・渡辺謙の間にある愛憎 恋人・東出昌大との共演に複雑?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
oyaji_140824.jpg
TBS日曜劇場『おやじの背中』公式HPより

 本日放送の日曜劇場『おやじの背中』(TBS系)での、渡辺謙と東出昌大の共演が大きな話題を呼んでいる。

 東出といえば、『ごちそうさん』(NHK)で夫婦役を演じた渡辺謙の実娘・杏との交際が伝えられているが、このドラマで東出は渡辺と義理の親子役。「タイムリーすぎる夢の共演!」「本当の“親子”になるかもしれない2人の演技は見物」と、キャスティングによる話題づくりは大成功だったようだ。

 しかし、ドラマではなく現実の杏と渡辺謙の父娘関係は、実際のところ、そんなに微笑ましいものではない。

 ご存じの方も多いと思うが、渡辺謙と杏の実母である前妻は、前妻の2億円という巨額の借金トラブルをきっかけに離婚。前妻は渡辺が1989年に急性骨髄性白血病を発症し、その闘病生活の中で新興宗教・釈尊会に傾倒。病気が完治したことから、ますます釈尊会にのめり込み、ついには杏の学校の保護者にまで金を無心するほどだったという。

 そうした借金の事実を知った渡辺は、前妻との離婚を決意。離婚裁判を起こすのだが、その最中に、渡辺の長男で、杏の実兄である俳優の渡辺大が、父の“冷酷”ぶりを「週刊文春」(文藝春秋)2004年1月8日号で告発する。当時、大は19歳、杏は17歳のときのことだ。

 大によると、借金をした母は、体は丈夫ではなかったが寝る間も惜しんで昼も夜も働いていた。一方、父・謙は、約束した生活費の振り込みも金額がまちまちだったり遅れたりと、不安定に。そして、いつのまにか借金は「どうやって返すか」という問題から「返すか返さないのか」という話に替わってしまった。そんななか、杏は「急に高校を中退」する。そして、大にこう言ったのだという。

「借金を返せない要因は学費にある、それなのにのうのうと学校に行っていたら失礼だ」
「(大に対して)男はやはり大学へ行って卒業するべきだ」「(高校を)辞めるな」

 すでにモデルとして活動していた杏だが、これからは学校を辞めてモデルとして一家の働きがしらになる──。こうした杏の決意に対し、兄の大は「向学心が旺盛だったので、高校をこんな不本意な形で辞めるのはどんなに辛かったろうと、とても複雑な思いでした」と述べている。ちなみに、当初、杏は渡辺謙の娘であることは隠しつつも本名である「渡辺杏」として活動していたが、離婚訴訟の最中に芸名を「杏」に改めた。母・由美子氏も、当時の女性週刊誌の取材に「“渡辺”の名を外したいという本人の強い希望です」と語っている。

 母親が自分の学校の友だちの親にまで借金を頼み込むなど、杏は父親の謙以上に迷惑を被っているといってもいい。それでも母親の面倒を放棄することなく、また多くの二世タレントとは違い父親の威光は一切借りず、自力で単身海外に渡ってパリコレデビューを飾った杏。さらに役者としても成功をおさめ、自身には返済義務がないにもかかわらず、母親の借金を完済までしている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

杏と父・渡辺謙の間にある愛憎 恋人・東出昌大との共演に複雑?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。TBS水井多賀子渡辺謙の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画