日本にもリアル執事がいた! ビジネス書なのにキュン死続出!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
daihugou_140809.jpg
『執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣』(幻冬舎)

 いつもそばにいて、ご主人様にかいがいしく仕える。近年、「執事」という存在が女子の心をときめかせてきた。『黒執事』(枢やな/スクウェア・エニックス)や『謎解きはディナーのあとで』(東川篤哉/小学館)、『メイちゃんの執事』(宮城理子/集英社)などの執事モノの小説やマンガは人気が高く、執事喫茶が大流行したこともある。──とはいえ、所詮、これはフィクションのお話。現実には執事なんてイギリスにでもいかないといないだろうし……。そんなふうに“執事=ファンタジー”と割り切って考えている人も多いはず。

 だが、執事は日本にも立派に存在するし、無論フィクションでもファンタジーでもなかった。しかも、ニッポンのリアル執事は、執事を演じた櫻井翔や水嶋ヒロ以上に萌えに満ちていることを、あなたはご存じだろうか。

 そんなリアル執事の実態がよくわかるのが、『執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣』(幻冬舎)という一冊。本書は日本バトラー&コンシェルジュの代表で、「総資産50億円以上のVIPたちを365日24時間お世話してきた一流執事」である新井直之氏によって書かれたビジネス書なのだが、本のテーマである“大富豪の成功マインドの紹介”以上に、執事萌えにはたまらないめくるめく執事ワールドが披露されているのだ。

 まず、本を開くと、はじめのもくじからすでに執事の気品が漂っている。「失敗の概念がございません」「わざと借金をおつくりになります」……と、到底現実のものとは思えない、執事ならではの丁寧な語り口調そのままに文章が綴られているのだ。さすがは、映像化された『謎解きはディナーのあとで』や『黒執事』の執事監修を担当し、櫻井や水嶋に所作指導した人物なだけはある。

 もちろん、丁寧なのは言葉遣いだけではない。たとえば、大富豪たちはタイムロスをとても嫌がるものだというのだが、レストランに向かったときには店の前にピタリと車を停め、降りて入り口の扉を開ければ店内に入れるくらいでなければならないそう。しかし、道路も狭く、駐停車している車も多い日本では、このようになかなか思っている場所に車を停められない。だが、そんなときこそ執事の出番。執事は先まわりをし、あらかじめ停めたい場所に別の車を停めておくのだ。「大富豪、イライラしすぎだろ」とも思えるが、そんな悪態などつくこともなく、リアル執事はどこまでも細やかな気遣いでご主人様につかえるのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

日本にもリアル執事がいた! ビジネス書なのにキュン死続出!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。執事富裕層の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権にNOを突きつける芸能人
2 安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
3 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
4 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
5 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
6 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
7 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
8 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
9 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
10 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
11 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
12 安倍政権忖度でドキュメント番組が改変
13 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
14 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
15 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
16 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
17 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
18 安倍、森友加計問題の説明する気なし
19 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
20 自民党がネトサポに他党叩きを指南
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
5高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
6田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
7中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
10加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
11安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
12原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
13中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
14小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
15長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
16ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
17昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
18博士、町山が安倍と見城の癒着批判
19山口氏“捏造”記事に安倍政権が関与!
20 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」