日本にもリアル執事がいた! ビジネス書なのにキュン死続出!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
daihugou_140809.jpg
『執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣』(幻冬舎)

 いつもそばにいて、ご主人様にかいがいしく仕える。近年、「執事」という存在が女子の心をときめかせてきた。『黒執事』(枢やな/スクウェア・エニックス)や『謎解きはディナーのあとで』(東川篤哉/小学館)、『メイちゃんの執事』(宮城理子/集英社)などの執事モノの小説やマンガは人気が高く、執事喫茶が大流行したこともある。──とはいえ、所詮、これはフィクションのお話。現実には執事なんてイギリスにでもいかないといないだろうし……。そんなふうに“執事=ファンタジー”と割り切って考えている人も多いはず。

 だが、執事は日本にも立派に存在するし、無論フィクションでもファンタジーでもなかった。しかも、ニッポンのリアル執事は、執事を演じた櫻井翔や水嶋ヒロ以上に萌えに満ちていることを、あなたはご存じだろうか。

 そんなリアル執事の実態がよくわかるのが、『執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣』(幻冬舎)という一冊。本書は日本バトラー&コンシェルジュの代表で、「総資産50億円以上のVIPたちを365日24時間お世話してきた一流執事」である新井直之氏によって書かれたビジネス書なのだが、本のテーマである“大富豪の成功マインドの紹介”以上に、執事萌えにはたまらないめくるめく執事ワールドが披露されているのだ。

 まず、本を開くと、はじめのもくじからすでに執事の気品が漂っている。「失敗の概念がございません」「わざと借金をおつくりになります」……と、到底現実のものとは思えない、執事ならではの丁寧な語り口調そのままに文章が綴られているのだ。さすがは、映像化された『謎解きはディナーのあとで』や『黒執事』の執事監修を担当し、櫻井や水嶋に所作指導した人物なだけはある。

 もちろん、丁寧なのは言葉遣いだけではない。たとえば、大富豪たちはタイムロスをとても嫌がるものだというのだが、レストランに向かったときには店の前にピタリと車を停め、降りて入り口の扉を開ければ店内に入れるくらいでなければならないそう。しかし、道路も狭く、駐停車している車も多い日本では、このようになかなか思っている場所に車を停められない。だが、そんなときこそ執事の出番。執事は先まわりをし、あらかじめ停めたい場所に別の車を停めておくのだ。「大富豪、イライラしすぎだろ」とも思えるが、そんな悪態などつくこともなく、リアル執事はどこまでも細やかな気遣いでご主人様につかえるのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

日本にもリアル執事がいた! ビジネス書なのにキュン死続出!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。執事富裕層の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画