やはりジブリ解散はなかった。鈴木敏夫が明言! 宮崎駿の復帰も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
post_2702_20130815.jpeg映画『風立ちぬ』公式サイトより

 答えは数年後にわかるだろうと書いたら、次の日に答えが出てしまった。スタジオジブリ代表取締役の鈴木敏夫プロデューサーがNHK「あさイチ」でジブリ解散説を否定。引退した宮崎駿監督の復帰も示唆したのだ。

 騒動のはじまりは一部のネットニュースが7月の終わりに「ジブリ解散」と報じた事だった。だが、本サイトは内部関係者の情報をつかんでいたため、8月2日、「ジブリ解散はない!宮崎駿が語っていた『風立ちぬ』の次の映画」と題して、作画スタッフを人員整理しているのは事実だが解散はありえない、他のアニメーション会社と同じように常駐スタッフをおかない体制に変えるだけだと書いた。そして、逆に宮崎駿監督の復帰も十分ありうることを指摘したのである。

 ところが、8月4日になって、「夕刊フジ」と同紙のサイト「ZAKZAK」が再び「ジブリアニメ撤退」という大見出しで、ジブリが制作部門を解体して映画製作から撤退し、「思い出のマーニー」が同社の最後の作品になると報道。それがまるで既定事実のようにひとり歩きし始めた。

 そこで、本サイトは第2弾として8月6日夜、「もう一度いう。ジブリ解散も撤退もない!そして次回作はコレだ!」という記事を掲載。あえて、ジブリの次回作、宮崎監督の復帰作を予想した。ただ、そのときは、おそらく本サイトの主張はなかなか信用してもらえないだろうと、「答えがわかるのは(作品が公開される)数年後」と書いた。

 ところが、あけて8月7日、鈴木敏夫プロデューサーがNHK「あさイチ」に出演。「解体とかジブリがなくなっちゃうって言われてますが、ようはつくり方を変えるという話なんですよ」と、解散説を真っ向から否定。さらに「実は、こんなことしゃべっちゃっていいのかな」といいつつ、「宮崎駿もつくりたいみたいな……」「僕の予想ですけれど、まず短いものはやりますね」と、宮崎監督が復帰への意欲をもっていることを明かしたのだ。

 まさに本サイトの報道が正しかった事が証明されたわけだが、ただ、解散がないことは普通に情報を分析する力があれば誰でもわかること。逆に本気で解散説や撤退説が報じられた事の方が不思議なのだ。ニュースサイトはともかく、産経新聞社が発行する「夕刊フジ」までがあそこまで大きな見出しで「スクープ」として報じるとは……。もしかして最近、ネトウヨ機関紙として韓国叩きに夢中になるあまり、国内ネタの取材力が落ちてしまったのか。あるいは、同紙が看板にしている百田尚樹センセイをディスり、頻繁に反戦・反原発を口にする宮崎監督とジブリを消してしまいたいという願望のあらわれなのか……。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

マスコミは何を伝えないか――メディア社会の賢い生き方

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

やはりジブリ解散はなかった。鈴木敏夫が明言! 宮崎駿の復帰ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スタジオジブリ宮崎駿産経新聞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃