スカウト、物販、接触問題…地下アイドルの「運営」になる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yurumerumo_01_140721.jpg
画像は1stフルアルバムCD『Unforgettable Final Odyssey』(ゆるめるモ!)より

 アイドルブーム真っ只中の現在。日本全国で活動している女性アイドルグループは、500組とも1000組とも言われている。これだけたくさんアイドルがいると、「アイドルになりたい!」と思う女の子が増えるのはもちろんだが、最近では「アイドルを運営したい!」と考えるアイドルファンも増えているという。

 自分だけのアイドルを持つなんて、ファンとしては夢のような話だが、果たしてそんなことが可能なのだろうか? だが、実際に自分の力でゼロからアイドルグループを作り出したという例はけっこうあるらしい。 

 そのひとりが、8人組の“脱力系ニューウェーブアイドル”ゆるめるモ!のプロデューサー、田家大知氏だ。

 ももいろクローバーのメジャー2ndシングル「ピンキージョーンズ」を聴いて、アイドルに目覚めたという田家氏。東日本大震災をきっかけに社会貢献できる方法を模索するようになり、「キツかったら逃げてもいいんだよ」という気持ちを伝えるために、アイドルグループの結成を思い立ったという。

 そんな田家氏の著書が、『ゼロからでも始められるアイドル運営 楽曲制作からライブ物販まで素人でもできる!』(大坪ケムタ、田家大知/コアマガジン)という一冊。メンバーも何もない状態から、アイドルを創り上げるためのノウハウを知ることができる。

 まず、アイドルグループを結成するにあたって、もっとも重要なのがメンバー探しだ。芸能事務所であれば、もともと所属しているタレントで結成させることもあれば、大規模なオーディションを開催することもできる。しかし、ゼロからはじめるとなると、そうはいかないのだ。田家氏はそこで、街なかでスカウトするという方法を選択した。

 街なかでいきなり声をかけるので、当然ながら怪しまれたり、罵られたりすることもあったようだ。しかし、スカウトの利点は「自分の中にあるアイドルのイメージと合致する子をダイレクトに選べる」ことだという。また「根気さえあれば自分の満足いくまで好みのメンバーを揃えられます」とのことで、アナログな方法ではあるが、スカウトのメリットはそれなりに大きいようだ。

 メンバーが集まったら、次に重要なのが楽曲のコンセプト。ゆるめるモ!の場合は、初期の段階から「ニューウェーブ、エレクトロ、ヒップホップ、クラウトロック、ポストパンクあたりのトガッた音楽をぶち込んで、雰囲気はゆるく仕上げる」というコンセプトで固まっていたという。既存のアイドルと一線を画す、かなり攻めたコンセプトだが、田家氏は「とにかく『アイドルがこの音楽をやったらどんな話題になるか?』『どんなライブになるか?』を想像して、イメージを作ることが大切です」と語っており、ほかのアイドルとの差別化を図ることが重要なようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ゼロからでも始められるアイドル運営 楽曲制作からライブ物販まで素人でもできる! (コア新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

スカウト、物販、接触問題…地下アイドルの「運営」になる方法のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プロデュース地下アイドルの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画