「朝食シリアスにする?」おかんの打ち間違いメールに奇跡を見た!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
okan_140715.jpg
『おかんメール』(『おかんメール』制作委員会/扶桑社)

 かあちゃん……その大きな愛とやさしさで我が子を包む、まさに女神と呼ぶにふさわしい存在。しかしときには「定職につかないの? いつまで家にいるの?」なんて厳しい言葉を投げかけ、我が子に死への渇望を呼び起こす悪魔のような存在でもある。

 そんな神と悪魔が同居した唯一無二かつ絶対無敵で攻めどころも見当たらないかあちゃんにも、弱点はある。それが複雑な操作を要求する機械である。なかでももっとも身近で代表的なものが“携帯電話”だ。とくに複数回のボタンのプッシュやタップが求められる“メール”なんてものは、かあちゃんの天敵と言っていい。しかし、世のかあちゃんは、果敢にもその天敵に挑み、我が子へ愛あふれるメッセージを届けようとする。すると、その壮絶なバトルの果てに、けっこうな確率で奇跡が生まれるらしい。どう頭をひねっても生み出すことができない、奇想天外、奇妙奇天烈なメールという名の奇跡が。先日、そんな奇跡をこれでもかと集めた本が発売された。その名もステキ『おかんメール』(『おかんメール』制作委員会/扶桑社)である。試しにひとつ紹介してみよう。

「あと五分位どつくよ」

 いつのまに逆鱗に触れたのだろう、としばし頭を悩ませること確定のメールである。真相は、「で」を「ど」と打ってしまった単純なタイプミス。モバイルになれていない感がヒシヒシと伝わるが、たった一文字違うだけで、ここまでのインパクトが生まれるものなのか。そんな発見をさせてくれるとは、さすがかあちゃんである。同じ一文字違いシリーズではこんなものもある。

「朝食シリアスにする?」

 張りつめた空気のなか、かあちゃん手づくりの味噌汁にも手をつけず、父がぽつり「会社に……行ってくる……」。その言葉に続くかのように「僕も……」と席を立つ子どもたち。彼らを見送りもせず、ぼんやりと虚空を見つめるかあちゃん。その瞳にはうっすらと涙が……ヘビーである。おそらくは、“シリアル”と言いたかったのだろうが、痛恨のタイプミスで、何気ない朝食の風景が弩級のヘビーさに様変わりである。母の力、おそるべし……。

 表紙にも踊っているメールを紹介しよう。

「件名:ニュース(^o^)/」
「内容:お父さんがリストラだよ(^o^)/」

 うん。なんだろう、ぬか喜びという言葉が具現化したようなメールだ。顔文字を使えるまでにメールが上達したことはわかる。しかし、その用途が決定的に間違っている。まさに奇跡的な間違え方と言っていいだろう。

 ほかにはこんなものもある。我が子宛に、はじめて携帯を手にしたかあちゃんからのはじめてのメールである。

「オマエノトコロヘイクカラナ←」

 怖い。稲川淳二が喜々として語ってもおかしくないほどの怖さだ。ちなみに、このメールが届いたのは夜中だったという。しかも、かあちゃんがはじめてもった携帯であるが故に、知らないアドレスからである。下手すればトラウマになってもおかしくない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「朝食シリアスにする?」おかんの打ち間違いメールに奇跡を見た!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。おバカメール家族の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした