アクエリアス、トクホのヘルシアも!?  実は体に悪い飲料とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tokuho_140709.jpg
『飲みものの危険度調べました』(渡辺雄二著/三才ブックス)

 これからの暑い季節は、熱中症対策のために、水分補給をし、健康管理に努めたいもの。いったいどんな飲みものが水分補給にふさわしいのだろうか。「身体によさそうな飲みものも実は身体に悪かった? 子どもや家族が安心できる市販のドリンクはどれ?」と143品の安全性を見極めている『飲みものの危険度調べました』(渡辺雄二著/三才ブックス)によれば、スポーツ飲料の代表である大塚製薬のポカリスエットであっても、「水代わりに飲むのは×」だという。

「ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが水に溶けてイオン化しているため、人間の体液に近い状態になっている」ポカリスエットだが、「ただし、1本(500ml)に含まれるカルシウムは10mg、マグネシウムは3mgと少ないので、それらの1日所要量には遠く及びません。成人の場合、順に600mg、320mgが必要とされている」。

 また、飲み過ぎにも注意が必要だ。同書は「糖分が1本(500ml)あたり31g含まれているので、水代わりに飲むのはよくありません。毎日水代わりに飲むと、かなり多くの糖分を摂取することになり、肥満や糖尿病の原因となる恐れがあります」と警鐘を鳴らす。

 さらに、ポカリスエットと並ぶ代表的なスポーツドリンク・アクエリアス(コカコーラカスタマーマーケティング)にいたっては、避けたほうが無難だという。糖分の摂取を減らすために合成甘味料の「スクラロース」が添加されているためだ。

「スクラロースは、有機塩素化合物の一種で、動物実験では免疫に対する悪影響が示唆されています」「妊娠したウサギに体重1kgあたり0.7gのスクラロースを食べさせた実験では、下痢を起こし、それに伴う体重減少が見られ、死亡や流産が一部で確認されました。また、動物実験では胸腺や脾臓のリンパ組織を萎縮させることや、脳にまで入り込むことが分かっています」(同書より)

 このスクラロースは、複数の研究者から脳腫瘍を起こす可能性が指摘されている「アスパルテーム」、免疫力が低下したり、肝臓がダメージが受ける可能性がある「アセスルファムK」とともに、砂糖類の代わりに用いられる3大“有害”合成甘味料の1つ。

「この3つの合成甘味料は、化学的性質や動物実験の結果などから、いずれも添加物として認められるべきものではありません。ところが、アメリカの圧力などもあって、厚生省が添加物として認可したため、多くの飲料やそのほかの食品に使われているのです」(同書より)

 この3大“有害”合成甘味料は「低カロリー」や「カロリーゼロ」、「微糖」を強調した飲料に使われている。なお、ポカリスエットのカロリーオフタイプ、ポカリスエットイオンウォーター(大塚製薬)にはスクラロースが含まれているので、アクエリアスと同様に避けたほうが無難だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

飲みものの危険度調べました (三才ムックvol.685)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

アクエリアス、トクホのヘルシアも!?  実は体に悪い飲料とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。トクホ食品の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
11 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
15 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
16 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
17 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 葵つかさが「松潤とは終わった」と
20 原発広告に文化人や芸能人が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画