妻を風俗嬢に! 20代を抱いて死ぬ! 老人の性欲が止まらない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
roujinsex_140703.jpeg
『熟年恋愛講座』(文春新書)

 読者の高齢化で、最近はオヤジどころか老人が主力読者になってしまった感のある男性週刊誌。だが、そんな中で「週刊ポスト」(小学館)と「週刊現代」(講談社)がなかなか好調な売れ行きを維持しているらしい。

 理由はズバリ、「セックス特集」だ。それもただのセックスではない。「ポスト」も「現代」も2013年春ごろから、その主力読者層である高齢者をターゲットに「まだまだできる」「もう一回やれる」と、シニアセックスを奨励する回春記事をほぼ毎号、掲載しているのだ。

 ネットユーザーも、電車の中吊り広告やコンビニ、書店などで、そのタイトルを見て思わず苦笑してしまった経験があるのではないだろうか。

 たとえば、今でも語り草になっているのが、「週刊ポスト」13年6月28日号。同誌では5月から「死ぬまでセックス」シリーズを開始したのだが、その第6弾である同号のタイトルがなんと「もう一度だけでいい 20代の女を抱いて死にたい」。

 このあまりに露骨な欲望丸出しのフレーズに、読者や識者から非難が殺到。翌々号で釈明記事を出す事態となったほどだ。

「週刊現代」も負けてはいない。14年5月31日号の中吊り広告では、「大特集 もう一度セックス」というタイトルのそばに、「もったいない! 神様がくれたこの快楽を享受せずに一生を終えるんですか?」と、自己啓発書のようなコピーを載せて、通勤電車の乗客たちをあぜんとさせた。

 そんな「ポスト」と「現代」だが、同じセックス記事をやっていても、実は方向性は180度違う。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

熟年恋愛講座―高齢社会の性を考える (文春新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

妻を風俗嬢に! 20代を抱いて死ぬ! 老人の性欲が止まらない!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫中年老人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも