妻を風俗嬢に! 20代を抱いて死ぬ! 老人の性欲が止まらない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
roujinsex_140703.jpeg
『熟年恋愛講座』(文春新書)

 読者の高齢化で、最近はオヤジどころか老人が主力読者になってしまった感のある男性週刊誌。だが、そんな中で「週刊ポスト」(小学館)と「週刊現代」(講談社)がなかなか好調な売れ行きを維持しているらしい。

 理由はズバリ、「セックス特集」だ。それもただのセックスではない。「ポスト」も「現代」も2013年春ごろから、その主力読者層である高齢者をターゲットに「まだまだできる」「もう一回やれる」と、シニアセックスを奨励する回春記事をほぼ毎号、掲載しているのだ。

 ネットユーザーも、電車の中吊り広告やコンビニ、書店などで、そのタイトルを見て思わず苦笑してしまった経験があるのではないだろうか。

 たとえば、今でも語り草になっているのが、「週刊ポスト」13年6月28日号。同誌では5月から「死ぬまでセックス」シリーズを開始したのだが、その第6弾である同号のタイトルがなんと「もう一度だけでいい 20代の女を抱いて死にたい」。

 このあまりに露骨な欲望丸出しのフレーズに、読者や識者から非難が殺到。翌々号で釈明記事を出す事態となったほどだ。

「週刊現代」も負けてはいない。14年5月31日号の中吊り広告では、「大特集 もう一度セックス」というタイトルのそばに、「もったいない! 神様がくれたこの快楽を享受せずに一生を終えるんですか?」と、自己啓発書のようなコピーを載せて、通勤電車の乗客たちをあぜんとさせた。

 そんな「ポスト」と「現代」だが、同じセックス記事をやっていても、実は方向性は180度違う。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

熟年恋愛講座―高齢社会の性を考える (文春新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

妻を風俗嬢に! 20代を抱いて死ぬ! 老人の性欲が止まらない!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫中年老人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
2 東京五輪買収は決定的と海外で報道
3 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
4 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 不倫女性が告白する本音と日常とは?
7 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
8 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
9 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
10 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
11 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
12 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
13 安室奈美恵事務所社長と暴力団
14 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
15 宇野常寛が『スッキリ』クビの裏側暴露
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
18 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
19 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
20 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
7卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
8Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
9青山繁晴「今週、戦争が始まる」と錯乱
10財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
11 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
12東京五輪買収は決定的と海外で報道
13西村京太郎「日本に現代戦は無理」
14安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
15NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
16田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
17原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
18沖縄に大量の核兵器が配備されていた
19再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が
20安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」