証人喚問は籠池理事長だけじゃ意味がない、迫田理財局長、松井知事、昭恵夫人も証人喚問せよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
証人喚問は籠池理事長だけじゃ意味がない、迫田理財局長、松井知事、昭恵夫人も証人喚問せよの画像1
瑞穂の國記念小學院HPより


 籠池泰典理事長が「安倍総理から100万円の寄付を受けた」という衝撃爆弾を投下した昨日、もうひとつ大きな決定が下された。自民党が籠池理事長の証人喚問を行うことに合意した件だ。

 これまで自民党は野党からの参考人として招致すべきだという要望を「民間人だから」「違法性がないから」などと道理に合わない理由で拒否してきたが、昨日夜になって一転、竹下亘国対委員長は「(寄付発言は)首相に対する侮辱だ」として証人喚問に応じたのである。

 首相への侮辱だという理由で証人喚問を行うとは、もはや独裁国家同然の態度だが、もちろん証人喚問に合意したのはそれが理由ではない。

 まず、参考人招致ではなく虚偽の供述を行えば偽証罪に問うことができる証人喚問を行うことで籠池理事長へプレッシャーをかける目的もある。だが、自民党の狙いは、籠池理事長の嘘を引き出すことで「すべてフェイクだ」と押し切ることにあるだろう。

「小学校建設をめぐっては金額が異なる3枚の契約書が存在するなど、籠池理事長には嘘の報告などが多々ある。すでに官邸は内調や公安を使って籠池理事長が重ねてきた嘘を洗い出しているとも噂されていますが、そういったネタをもとにして、安倍首相との関係や100万円寄付問題なども『全部、籠池理事長の嘘』ということにしてしまう算段なのでしょう」(大手新聞社記者)

 だが、籠池理事長は安倍首相への100万円寄付問題以外にも、別の閣僚や自民・維新の会幹部や所属議員などの決定的証拠をもっているとも言われており、真相究明のためには証人喚問は絶対に必要だ。

 しかし、である。籠池理事長の証人喚問だけでは、本当の真相追究にはまったくならない。少なくともあと3人の証人喚問を同時に行うべきだ。それは、安倍昭恵夫人、迫田英典・前理財局長、松井一郎・大阪府知事だ。

 今回、籠池理事長は安倍首相からの寄付金について、2015年9月5日に塚本幼稚園で講演を行った当日に昭恵夫人が「主人からです」と言って100万円を寄付したと話している。これが事実であれば、昭恵夫人がロンダリングの役割を担っていると言っていいだろう。

 また、安倍首相は「妻は私人」などと言い張るが、昭恵夫人をめぐっては、安倍首相の遠縁にあたる斎木陽平氏が代表を務める団体が主催する「全国高校生未来会議」を後援させるべく、文科省に昭恵夫人が直接打診していたことが昨日発売の「週刊新潮」(新潮社)であきらかにされている。しかも昭恵夫人は、この一件に限らず文科省に〈日常的な“圧力”〉をかけていたといい、“第2の森友問題”と呼ばれている学校法人加計学園に絡んだ事案でも文科省に相談をもちかけていたことを文科省関係者が証言しているのだ。これを私人と呼ぶのは無理筋で、小学校の名誉校長への就任をはじめ、総理夫人として森友学園にかかわってきたことの問題が追及されなければ、安倍首相と森友学園の関係の真相には辿り着けない。

 迫田前理財局長にいたっては、森友問題の本質である国有地払い下げの“当時の最高責任者”であり、核心を知る最重要人物であることは言うまでもない。あまつさえ、財務省はこの間、森友学園との交渉記録を破棄したと強弁するなど無責任極まりない対応に終始しており、籠池理事長以前に迫田前財務局長の証人喚問は絶対条件のものだろう。

 だいたい迫田前理財局長には、繰り返し言及してきたように、森友学園側が近畿財務局で統括管理官と大阪航空局調査係とで話し合いを行った前日である9月3日に安倍首相と面談していたという事実があり、理財局長に就任した2015年7月以降、安倍首相と半年のあいだに5回も面談するという“異例の関係”がある。籠池理事長も菅野完氏を通して“迫田氏の単独インタビュー”を取ることがメディア取材に応じる「交換条件」としてあげたように、迫田前理財局長は最大のキーマンなのだ。

 最大のキーマンという点では、松井府知事も同様だ。私学審から疑義が呈されながら小学校設置を「認可適当」と不可解な判断が下されたことの責任は松井府知事にある。それだけではなく、松井府知事は財務省から大阪府の私学課に対して圧力があったことを先日暴露したが、国から圧力を受けていたとしても私学課だけで判断できるなんてことは到底考えられず、府のトップのOKがなければありえない話だ。つまり松井府知事は、認可に絡むすべての真相を知る人物であり、国からの不当な圧力を黙認した責任者であり、自身もまた圧力をかけた張本人である可能性さえあるのだ。

 安倍首相にしてみれば、昭恵夫人、迫田前理財局長、松井府知事というこの3人を国民の目から覆い隠せば逃げ切れると考えているのだろう。逆に言えば、この3人への追及なくして森友問題の真相は明らかにならない。マスコミ、とくにワイドショーは籠池理事長のキャラいじりに明け暮れているが、その裏に隠れた3人の権力者への追及を徹底的に行い、証人喚問に引きずり出さなくてはならない。
(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

証人喚問は籠池理事長だけじゃ意味がない、迫田理財局長、松井知事、昭恵夫人も証人喚問せよのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍昭恵編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数

フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃

3 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護 4 フジ社長とんねるず打ち切りは本気? 5 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ 6 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷 7 NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ! 8 東山紀之がキャスター就任で反差別表明 9 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ 10 葵つかさが「松潤とは終わった」と 11 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕 12 須藤凜々花の消された暴露トーク 13 卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動 14 水道橋博士が安倍首相批判で大炎上! 15 グッディ!土田マジギレ真の原因 16 沖縄に大量の核兵器が配備されていた 17 テレビ批判・石橋貴明とフジ日枝会長の仲 18 元タカラジェンヌが告白した性的虐待 19 韓国コネ糾弾番組で一茂、ミタパンが 20 水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
1 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
4 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5 官製映画会社が22億円の公金をドブに
6 卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
7 青山繁晴「今週、戦争が始まる」と錯乱
8 財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
9 歴史教科書圧力問題の背後に日本会議
10 トランプが安倍に武器を押し売り
11 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
12 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
13 西村京太郎「日本に現代戦は無理」
14 安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
15 NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
16 ウーマン村本の反戦に上念がトンデモ説教
17 原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
18 沖縄に大量の核兵器が配備されていた
19 安倍自民党はデマ拡散議員だらけ
20 再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が

カテゴリ別ランキング

社会

  1. 1Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
  2. 2 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
  3. 3安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
  4. 4坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
  5. 5NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!

ビジネス

  1. 1韓国コネ糾弾番組で一茂、ミタパンが
  2. 2『孤独のグルメ』をフジが門前払いに
  3. 3フジ日枝の「院政」で続く2つのこと
  4. 4レオパレス21に集団訴訟!
  5. 5EXILE事務所のブラックぶりがスゴい

カルチャー

  1. 1『夫のちんぽ』著者が抱える恐怖とは
  2. 2ライムスターがJASRAC批判
  3. 3水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
  4. 4長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
  5. 5ノーベル平和賞マララの知られざる顔

芸能

  1. 1 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
  2. 2水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
  3. 3あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
  4. 4須藤凜々花の消された暴露トーク
  5. 5水道橋博士が安倍首相批判で大炎上!

@litera_webさんをフォロー

話題のキーワード

  1. 1写真
  2. 2アベを倒したい!
  3. 3SMAP
  4. 4ネトウヨ
  5. 5編集部
  6. 6ブログ
  7. 7宮島みつや
  8. 8インタビュー
  9. 9加計学園
  10. 10小杉みすず
  11. 11鈴木涼美
  12. 12山口敬之
  13. 13バーニング
  14. 14本田コッペ
  15. 15日本会議
  16. 16百田尚樹
  17. 17安倍晋三
  18. 18伊勢崎馨
  19. 19野島卓
  20. 20産経新聞
  21. 21今井尚哉

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

売れ筋ランキング

1 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12ガガガ文庫
著者:渡 航、ぽんかん8
発売日:2017年9月19日
2 行動力アップ! 夢が現実になる未来手帳2018【特典ポストカード付】
著者:ワタナベ薫
発売日:2017年9月28日
3 足指パッドつき つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド主婦の友生活シリーズ
著者:主婦の友社、大山良徳
発売日:2013年6月
4 空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ
著者:佐伯泰英
発売日:2017年9月14日
5 encourage石原さとみ写真集
著者:石原さとみ、伊藤彰紀
発売日:2017年8月