井ノ原・有働がきょう降板『あさイチ』が最後に踏み込んだ沖縄の基地問題! 沖縄の母親たちに寄り添う番組を放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
asaichi_180329_top.jpg
『あさイチ』(NHK)番組HPより

 本日30日をもって『あさイチ』(NHK)から井ノ原快彦と有働由美子アナの2人のMCが同時に降板する。2人の降板が明らかになって以降、それを惜しむ声が相次いでいる。それは2人の誠実で明るい司会ぶりが支持されてきたというだけではない。

 2人が司会する『あさイチ』が、ほとんどのテレビが取り上げることにない原発や戦争、米軍基地問題、夫婦別姓、セクハラなどの問題に取り組み、間違っていることに対しては、イノッチや有働アナが臆することなく、きちんと疑問の声を上げてきたからだ。

 実は、降板を直前に控えた28日にも、『あさイチ』は「沖縄 母親たちが見た基地」という特集企画で、沖縄の米軍基地問題に真っ向から取り組んでいた。

 今回、取り上げたのは、米軍ヘリCH53Eの装置カバーが屋根を直撃した普天間基地近くの緑ケ丘保育園の園児の母親たちの生の声だった。

 この事故が起きたのは昨年12月7日のこと。ドーンという衝撃音に驚いた保育園の関係者が確認したところ、円筒形のプラスチックを発見。園側はすぐに通報して、警察でも現場検証が行われた。ところが、この事実が明らかになると、なんと、被害者である保育園に「自作自演だろう」「嘘をつくな」という誹謗中傷の電話やメールが殺到したのだ。

 言っておくが、部品がCH53Eのものであることは米軍も認めており(飛行中落下は否定)、園近くの「騒音測定局」で2度の衝撃音が記録され、静止画カメラにもCH53Eの機体が映っていた。また、事故直後の12月13日にも普天間基地近くの小学校のグラウンドに同じCH53Eのコックピットの窓枠が落ちている。にもかかわらず、安倍応援団やネトウヨは被害者の保育園を攻撃したのだ。

 沖縄が日本という国家からそれこそ二重、三重に疎外されていることを物語る事件だが、ほとんどのテレビは安倍応援団やネトウヨの攻撃を恐れて、この問題を報道しようとしなかった。

 そんななか、『あさイチ』は今回、被害者である緑ケ丘保育園の取材を行い、基地と隣接する保育園の立地や落下の状況、保育園に浴びせられた卑劣な誹謗中傷、そしてこの1年に相次いだ沖縄の米軍事故の実態を報道。事件究明と保育園上空の飛行禁止を求めて嘆願書をつくり署名活動を行っている、保育園園児の母親たちの姿を追ったのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

井ノ原・有働がきょう降板『あさイチ』が最後に踏み込んだ沖縄の基地問題! 沖縄の母親たちに寄り添う番組を放送のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHKあさイチ井ノ原快彦有働由美子沖縄の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも