ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100 第6号 

ブラックすぎるパチンコ店! 日常的にグーで殴られ、カウンター業務の最中にセクハラ…あげく突然の理不尽解雇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 弁護士という職業の面白いところは、自分一人の人生だけでは体験できない、様々な人生を追体験できるところにあると感じる。私自身、労働事件を担当する中で、いろいろな人生勉強をさせてもらった。今回は、中でもとりわけ衝撃を受けた事件について紹介しようと思う。

 私は、月に2回、神奈川県内のとある地域の労働組合の事務所にて、法律相談を担当している。ある日、組合事務所のもとに、パチンコ店のホールで働いていたという一人の若い女性が相談に訪れた。相談の用件について聞くと、勤めていたパチンコ店から解雇されてしまったという。会社との間でどのような契約が結ばれているかを確認しようとするも、契約書の類は見たことがないし、もらった覚えもないとのこと。これでも明確な労働基準法違反であり、ひどい話なのであるが、年間50件ほどブラック企業を相手にする裁判を担当している私の目から見れば、残念ながら「よくある話」である。

 しかし、もちろん、話はそれだけではない。彼女によれば、店長が1年程前にとある男性(A店長としておこう)に変わってからというもの、様々な嫌がらせを受けてきたという。

 まず、日常的な暴力。特に理由があるわけでもないのに、彼女はA店長から日常的にサンドバッグにされてきたという。それも、ただのパンチではなく、その筋の方々がやっているように、人差し指と中指で親指を包み込むように拳を握り、人差し指と中指を少し浮かせた状態で殴ることで、殴られたときの衝撃を倍加させるやり方で彼女を殴るのである。路上で行われているケンカではない。職場で彼女が日常的に受けていた暴力である。

 お客さんたちが多数いる前で、突然自分の革靴を脱いで投げつけてきたということもあった。新日本プ〇レスが好きなのだろうか? 特に理由もなく殴るため、防御のしようもない。ひどい話である。相談に訪れた少し前に骨盤を殴られたことで、彼女は腰痛が収まらないとこぼしていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ブラックすぎるパチンコ店! 日常的にグーで殴られ、カウンター業務の最中にセクハラ…あげく突然の理不尽解雇のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブラック企業ブラ弁は見た!の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
8 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
18 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画