東京五輪を口実とした表現規制が始まりつつある…大阪府堺市に続き今度は千葉市がコンビニからエロ本締め出し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
東京五輪を口実とした表現規制が始まりつつある…大阪府堺市に続き今度は千葉市がコンビニからエロ本締め出しの画像1
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会公式ウェブサイトより


 2020年、東京オリンピック・パラリンピックを機にコンビニからエロ本が消えるかもしれない──。五輪誘致の時にコンビニに並ぶエロ本を見て「IOC視察団が顔をしかめた」との噂から一気に広がった仮説だが、これが現実のものとなる可能性が高まっている。

 先月、千葉市はコンビニで販売されている成人向け雑誌をフィルムで包み、表紙の半分程度を隠す取り組みを予定していると発表した。まずは今夏をめどに、千葉市と青少年の健全育成などに関して包括連携協定を提携しているセブン-イレブン12店舗で実施。試行後に他の店舗でも実施するかどうか検討するとしている。

 この施策に関し、熊谷俊人千葉市長は「現状(の販売方法)は国際的な感覚に照らして疑問を持たれかねない。既に一定の配慮はされていると思うが十分ではない」と説明している。これに対し、日本雑誌協会は千葉市に協議を求める方針だという。

 実は、こういった施策は千葉市が初めてではない。つい最近にも先行する事例があった。昨年3月、大阪府堺市が市内にあるファミリーマート11店舗にて、中央部分を幅12センチの緑色のビニールフィルムで包んだ状態で成人雑誌を販売する試みを行っているのだ。

 このビニールで包まれると、雑誌の名前はかろうじて確認できるものの、表紙の大部分が隠されてしまううえ、立ち読みすることもできないので、読者は雑誌に何が掲載されているのかも分からない状態で購入せざるを得なくなる。売り上げへの影響は避けられない。また、巨大な緑色のビニールフィルムはかなり目立つので、これをレジに持っていくのはなかなか勇気がいる。そこで二の足を踏む客も多いだろう。

 これに対し、日本雑誌協会と日本書籍出版協会は連名で「憲法で保障されている表現の自由に抵触するのではないか。表紙は購入するか否かを決める重要な手がかり」として堺市側に対し公開質問状を送るも解除などは認められず、堺市は現在でもこの方式を市内全店に広げたい考えを示している。

 周知の通り、これまでもコンビニにおける成人雑誌の販売においては自主規制がなされてきた。一般雑誌と分けた区分陳列に加え、2004年からは小口(見開き部分)にシールを貼り、店頭で本を開くことができないようにしている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 政府が隠していた籠池手紙の中身が判明
2 核禁止条約に不参加に! 渡辺謙が批判
3 松本人志、森友スルーの裏に大阪万博
4 安倍が木村草太嫌がり報ステ出演中止
5 官邸、山口敬之がネトウヨ妄想に丸乗り
6 山本太郎が安倍のインチキを暴いた!
7 橋下徹が籠池証人喚問以来、完全沈黙
8 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
10 昭恵夫人が籠池妻に小川榮太郎を紹介
11 ECDの妻が明かした夫のがん闘病
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 渡辺謙が核軍縮に反対の安倍政権を批判
14 安倍100万円振込票と長女の目撃証言
15 マツコが“忘れられない男”と首都高で
16 2枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
17 山口敬之、“安倍太鼓持ち”の歴史
18 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
19 小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
20 松本人志が森友問題から逃げた!
PR
PR
1籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
22枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
3 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
4政府が隠していた籠池手紙の中身が判明
5安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
6籠池理事長が「安倍首相から100万円」
7安倍100万円振込票と長女の目撃証言
8橋下徹が籠池証人喚問以来、完全沈黙
9迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
10“第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
11安倍応援団の情報操作に騙されるな!
12籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然
13昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
14田崎が“籠池が稲田にセクハラ”の噂を
15官邸、山口敬之がネトウヨ妄想に丸乗り
16稲田夫が籠池と財務局との交渉に同席
17籠池の依頼で昭恵夫人が口利きか
18松井知事が森友認可前に私学課に圧力?
19国税の税務調査を使った報道への圧力
20橋下後援会長の息子と籠池と元在特会
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」