“池田大作の言葉は創価学会本部の代筆”と元職員が実名証言! だが告発本の広告出稿を全国紙が拒否

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 こうした“ゴースト”は、実に対談集にまで及び、なかには以前一度会っただけで、本のもととなる対談も実際に行っていないケースもあるという。

〈さらに、書籍『法華経の智慧』や、師匠と世界の識者との対談集の作成も、実際には師匠が『聖教』の局長、部長クラスの新聞記者に著書の大方針を伝え、その後は担当した弟子(『聖教』記者)が作成していると職場上司から聞いていた。前述したが、ローマクラブ共同代表のヴァイツゼッカー博士(注:ドイツ人環境学者。14年に対談本『地球革命への挑戦 人間と環境を語る』を出版)も、「池田名誉会長との対談集は、直接名誉会長と会って作っている訳ではなく、ドイツSGI(注:創価学会インターナショナル)が日本の学会本部との間に入ってくれて作っている。池田先生とは数年前に創価大学の卒業式で一度会っただけなのです」と証言している。〉

 こうした池田名誉会長の“ゴースト”は、滝川氏らが本部職員であった当時から横行していた。だが問題なのは、池田大作が公から姿を消した後も、本部は「健在」をアピールしつつゴーストを続けており、それが創価学会、ひいては公明党という与党にまで多大な影響を与えているという事実だ。同書はこう糾弾している。

〈しかし、今、師匠が物事を判断できず、意思を示せないと思われる状況の中での「代筆」は、師匠の意思も精神も失われているどころか、本部執行部の不正を正当化することになりかねない。それは師匠を利用する以外の何物でもない。
 本当の意味で創価を護ることとは、職員が会員を騙す「代筆」を続けることではなく、一刻もはやく師匠の真実の状況を全学会員に知らせ、弟子が一丸となって師の健康を祈ることではないのか。〉

 赤裸々に告発される池田大作の“ゴースト問題”と、その名を騙って肥大化する執行部の権威主義。学会本部の意向が連立与党の公明党の政策をも左右することを考えれば、こうした問題をたんに学会内のスキャンダルに終わらせてはならないことは言をまたない。

 ところが、この実名告発を後追いするマスメディアはほとんど皆無と言っていい状況だ。そこには創価学会がテレビやラジオ、そして新聞に巨額の広告を出稿するなど大口のスポンサーであることが関係する。さらにこうしたマスコミのなかに宗教問題に触れることで面倒を起こしたくないという萎縮の姿勢が出来上がっていることも大きいだろう。実際、この『実名告発 創価学会』に関しても、新聞への広告出稿を拒否されるという事態が相次いだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

“池田大作の言葉は創価学会本部の代筆”と元職員が実名証言! だが告発本の広告出稿を全国紙が拒否のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。創価学会池田大作編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
2 秋元康がまた女性蔑視!町山も激怒
3 安倍首相の体調悪化は本当なのか?
4 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
5 中居ジャニーズ残留とキスマイ
6 稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
9 自民党HIPHOPポスターに怒りの声
10 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
11 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
12 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
13 公取委がSMAP問題を独禁法で調査
14 日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
15 自民党憲法調査会に巣食う世襲議員たち
16 秋篠宮家の料理番がブラック告発
17 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
18 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
19 キムタク最大のタブーとは?
20 坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1安倍訪問中止の意図を予定国大使館がRT
2青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
3沖縄いじめの一方、AKB総選挙に国費
4自民党HIPHOPポスターに怒りの声
5九州北部豪雨も安倍首相は帰国せず!
6閉会中審査で自民党が前川から返り討ち
7支持率31%、安倍退陣を求めるデモ
8室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
9青山繁晴が教祖化、伝説とアート
10室井佑月と小林節が安倍改憲案を批判
11日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
12坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
13“反ヘイト”東山紀之がキャスターに
14松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
15ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
16稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
17稲田朋美が「普天間返還なし」
18安倍が「男たちの悪巧み」仲間を参与に
19山本地方創生相がお友だちの強制調査に
20松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」