NEWSが4人になったのは派閥争いのせい!? 元側近が「生殺与奪権はメリーさんが握っている」と暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
news_161209_top.jpg
NEWSの暴露本から改めて浮き彫りになったジャニーズ事務所の闇


 嵐、KAT-TUNに続き、今度はNEWSの暴露本が本日、発売された。『NEWSあの日のままで』(元「NEWS」側近スタッフ一同/主婦と生活社)だ。NEWSといえば、いまではエースの手越祐也、オシャレな増田貴久、小山慶一郎はキャスター、加藤シゲアキは作家といったそれぞれのイメージが定着し、4人でまとまってきているように見えるが、そこに至るまでには数々の試練があったようだ。

 そもそも、NEWSが結成されたのは、当時から抜群の人気を誇っていた山下智久が「……僕、高校生の間にデビューできなかったら、ジャニーズ事務所を辞めようと思っています」と、ジャニー喜多川社長に直談判したのがきっかけだったという。そこで、ジャニー社長は2003年のバレーボールワールドカップのユニットを、山下を売り出すためのグループにしようと画策。ジャニー氏は「これは山下を引き上げるための企画」と言い、あくまで残りのメンバーは山下の引き立て役として“寄せ集め”られたのだった。

 そうしてNEWSは、山下のほかに手越、小山、増田、加藤、現在はONE OK ROCKのボーカルTAKAとして活躍している森内貴寛、草野博紀、関ジャニ∞から錦戸亮、内博貴の計9名で、“山下のためのグループ”として始動。グループ名が決まるまでのレコード会社内での呼び名も“Yプロジェクト”という露骨なものだったらしい。

 だが、9人もいたグループが、なぜ半分以下の4人にまで減ってしまったのか。だいたい“山下のためのグループ”からなぜ山下は抜けてしまったのか。それは、森内の喫煙写真流出、内や草野の未成年飲酒といった問題が次々に起こり、活動休止にまで追い込まれたことも原因ではあるが、それとは別に、SMAP問題でも取り沙汰された「メリー&ジュリーVSジャニー」の派閥争いの影響があった、と本書は指摘する。

 NEWSにとって大きなターニングポイントとなった出来事は、無論、主要メンバーだった山下と錦戸の脱退である。これはSMAPで喩えれば木村拓哉と中居正広が同時にいなくなるような一大事だったが、脱退のきっかけのひとつとなったのは、山下があるドラマのギャラを巡って、メリー副社長と揉めたことだったという。

 山下は〈人気シリーズとなったあるドラマに主演〉した際、年下の共演女優よりもギャラが安かったことを知り、山下が事務所に不信感を抱いた、と本書には書かれている。山下主演の人気シリーズドラマといえば、08年に月9で放送された『コード・ブルー ─ドクターヘリ緊急救命─』(フジテレビ)ではないかと思われるが、確かに同作では新垣結衣や戸田恵梨香といった山下より年下の女優たちが脇を固めていた。主演なのに彼女たちよりギャラが安いのはおかしい──。そうメリー副社長に訴えたときの様子が、こう書かれている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

NEWSが4人になったのは派閥争いのせい!? 元側近が「生殺与奪権はメリーさんが握っている」と暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 室井佑月が立憲・辻元清美に注文連発
2 『ニュース女子』問題で水道橋博士が黒幕を指摘
3 松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
4 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
5 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
6 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
7 星野源が考える“新しい家族”とは
8 “国会王子”TBSの武田記者がDVで警察に
9 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
10 富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
11 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
12 北九州一家殺害事件犯人の息子の証言
13 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
14 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
15 百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
16 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
18 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
19 BPOが「ニュース女子」のデマ検証
20 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
1田崎とケントに自民党からカネが!
2さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
3ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
4安倍が横田早紀江さんを無視している
5ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
6 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
7山口敬之氏のスポンサーが逮捕された!
8松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
9昭恵の無神経と籠池夫妻の勾留長期化
10北朝戦争に”NO”を言わない安倍政権
11ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
12生活保護カットで他の低所得者も困窮
13富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
14ノーベル賞授賞式で被爆者出席も安倍政権が
15富岡八幡宮、祖父は日本会議前身の中心
16百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
17エルサレム問題で安倍がトランプのポチ
18 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
19大林宣彦「青春は戦争の消耗品ではない」
20BPOが「ニュース女子」のデマ検証

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」